株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

NY市場の大幅調整も冷静な対応を!

12日のNY市場は、ダウが119.74ドル、NSDAQが-28.92と大幅な下落を演じました。

4月輸入物価指数が先月比+2.1%と事前予想を大きく上回り、3月貿易収支は-620億ドルと事前の予想を大幅に下回ったことなどでドル安が進み、インフレ懸念が台頭したことから債権も売られるトリプル安となりました。

これを受けて、シカゴ日経225先物も大証日経先物よりも280円安い16320円で引けています。
このことから週明けの日経平均もシカゴ日経225にさや寄せする形ではじまるものと思われます。

しかし、ここは冷静に対応することが大切です。
もし、キャッシュポジションが潤沢な方は大安売りディスカウントの大量仕入れのチャンスととらえてください。

「超短期投資分析表」を活用されている方は「買いシグナル」が出たところは積極買いで臨みましょう。

7月8月の高値に向けて、「スウィングトレード」のチャンス到来です。

今週の「分析シュミレーション」は先週にひき続き2銘柄がその後どんな動きをしたか検証しています。

面白い結果がでています。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る

---------------------------

今週の分析シュミレーションはこれです。
  ↓↓
http://tinyurl.com/pe6rz

使った分析表は?
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資

材料・情報を重視する人は、材料・情報で損をする!

米FOMCではこれといって特筆すべきことがなかったため、NYでの大きな波乱はなかったものの、円高基調でシカゴ日経225先物は大証日経先物より75円ほど安く売り込まれていました。

その流れを引き継いで始まった東京市場ですが、朝安のあと、一時的に日経平均ベースで135円以上あげる場面もありましたが、結局、SQを意識した先物の流れに引きずられ89円安の16862円でひけました。

この弱気相場の中で、イビデンが好業績の材料をはやして、450円高の大幅だかを演じ多くの投資家が横目で睨むなか気をはいていました。

ところで、イビデンのような動きを目にして、前もって材料がわかっていたらと思うのは投資家としての人情ですが、インサイダー取引の規制が強化されている現在では、例えこのような情報を知りうる立場の人でもインサイダーは許されません。

といっても地獄耳の投資家はいるものですが、一般の投資家が材料を知りえた時は多くの銘柄は既にあがってしまっているものなのです。

もし、貴方がある材料を知ってその銘柄を買いにはいった時点では、高値掴みになっているのがおちです。

それでも時々は利がのることもあるでしょうが、結局、引かされて痛い目にあって退散という、いつものパターンがまっています。

「材料や情報を重視する人は、材料や情報で損をする」ことの典型です。

この、不条理を回避して、なんとか利益につなげる方法はないものでしょうか?

実は、株価が上がり始めるには兆候があります。

その兆候を掴んで多くの人が出動してくる前に仕込むことができれば、貴方の投資は100戦100勝となることは間違いありません。

その方法はテクニカル分析で可能です。
 ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル


ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る

株式投資

またしても先物先導で下げを演出!過大の裁定買い残が今後重石に!

為替が110円台に突入し、米FOMC待ちで方向感が定まらないなか、昨日の東京市場は恣意的な先物主導の下げの展開から日経平均は230円以上の下げとなりました。

しかし、出来高は20億7000万株、売買代金概算2兆8000億円以上となかなかの内容でした。

このことは、うがった見方をすれば先物主導でさげておいて、現物を売ってきた安いところを拾っている投機筋が厳然として存在することを意味しています。

またしても、彼らにやられたかっこうですが、裁定買い残は歴史的に積みあがっていることも事実です。

ところで、金融庁は「中央青山監査法人」の上場企業の監査業務を2ヶ月間停止する処分を決定しました。

このことが直接的な原因ではありませんが、基本的に相場全体のエネルギーが下降バイアスをたどっているときは、さもない悪材料に反応するものです。

というよりは、相場の下げの原因を後講釈で理由付けすることが相場の常であることを覚えておきましょう。

さて、今後の相場が気になるところですが、どうも短いレンジの往来相場の様相を呈してきました。

このような、相場つきの時は、短期の一本釣り銘柄を狙うのが、効率の良い投資になります。

昨日のような下げの中でもたくさんの銘柄が一本釣りで値を飛ばしています。貴方も、この期間は、そんな銘柄に注目しては如何ですか。

ねらい目は、あまり出来高を作らず(前日の出来高より当日が4倍以上出来ていないこと)底値から下髭を伸ばして陽線をつけ(または、大陰線から底値で陽線が示現した)、反騰体制に入った銘柄です。

当然「分析表」を持っていらっしゃる方は、上記の条件の銘柄を分析してください。

「買いサイン」が示現したら、確実にとれます。
しかし、短期利食いを繰り返してください。

----------------------------

あなたは分析ソフトに興味をお持ちですか?
簡単な方法で売買ポイントを把握したくありませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る

株式投資

新日鉄の強さは物色の流れのバロメーターか!

円高に対しての見方については昨日言及しておきましたが、輸出関連株はさすがに買い上がるには抵抗がある反面、内需関連株の倉庫株が堅調に推移しNTTデータのほかCTC、日立情、富士ソフト、大塚商会などの上げが目立っています。

また、3月1日479円のザラバ高値をつけてから2ヶ月ほど調整気味だった新日鉄の強さが目立ってきています。
この動きは今後の相場を占う上でバロメーターとなりうるのでしょうか?

昨日の東京市場は、一時円が110円台に乗せたことも手伝って輸出関連株から内需関連株への資金シフトが現実なものとなってきた感が上記の物色対象からも明らかです。

10日の米FOMCと週末のSQを控え一部には買い手控えムードはありますが、業績の上方修正期待を反映して、先回りの買いも入っています。特に投資信託が43週ぶりに買い越しに転じたことは特筆すべきことと言えます。

この信託資金の性質を理解していらっしゃる方はもうこのコメントだけで閃いたと思いますが、実は株式市場に流入してきている資金の中では、比較的長期の資金に属するのです。
さらに、基本的には優良株、好業績株をじっくり仕込む性質があります。

このことは、相場の下支え要因になるほか、私たちの物色対象も暗示しているということです。

ところで、日本製鋼が好業績を評価されて年初来高値を超えてきました。
見逃せない動きです。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る
---------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

【稼ぐ投資家】になりたいですか?
   ↓↓
ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座

株式投資

■急騰銘柄のパターン研究

株で儲けるためには「銘柄探し」と「売買タイミング」を的確につかむことです。
そこで、急騰銘柄のパターン研究から儲けの種を探ってみたいと思います。

株は急騰する前に、何らかのシグナルを発信しているものです。

陸上競技のハイジャンプでも助走をつけて高く飛び上がりますが、
急騰する株も助走(シグナル)をしてから大きく飛び上がるものです。

しかし、よ〜く注意を払って見ていないと見落としてしまいます。
どこへ注意を払えばよいのでしょう・・・。

例によって、値動きで急騰前の顕著なシグナルを見てとれる「6703の沖電気」
を例にとって理解を深めて見ましょう。

チャートブックをご用意できない方は、ヤフーのファイナンスから入り「6703」のコードナンバーを入力して「沖電気」の日足チャートをご覧下さい。

少し資料は古くなりますが、昨年6月30日に6月23日につけた高値「392円」を一文抜けずに下げに転じてから8月8日と19日に345円の安値をつけて「ダブル底」形成、反転して上昇トレンド入りしています。

チャーチストの方はお解かりと思いますが、「ダブル天井」で「鬼より怖い」でしたね!

6月23日と30日は「ダブル天井」で、実際に8月8日までに50円弱下げています。
ところが、今度は8月8日と19日に「ダブル底」形成で「底」確認ができました。

ここで直ぐに買いに入ってはいけません。
先ほどお話した「ハイジャンプ」の助走は次になります。

そこでチャートを確認してください。
8月19日の底をつけた後、一度8月26日に25日移動平均線を終値で上回ってから
再度押し目をつくっています。

しかし、今度は9月8日の「押し目の底」は346円の一文上で止まっております。
以下に説明しました2点が「助走」(シグナル)になります。

1.終わり値が一時的に25日移動平均を抜いて上回って、押し目をつくった銘柄
2.押し目の底が、前の下げの安値を下回らないで反騰に転じた銘柄

という2点を注意しましょう。
願わくば、出来高が以前よりも多ければそれにこしたことはありません。
いかがですか、早速、投資の参考にしてみてください。

ただ、ここで問題なのは、このような上昇パターンを示した銘柄でも、実は上昇しない銘柄もあります。

そこで、必要なのが「テクニカル分析」ということになります。

注目の銘柄の株価のバイアスはどちらに向いているかの判定をテクニカル分析で
割り出すことはとても大切なことです。

できれば、先にあげた2つのパターンと他の「テクニカル分析」を併用することをお勧めします。

きっと貴方も儲かる投資家になることでしょう。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る


------------------------

テクニカル分析なら・・・
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。