株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

買うタイミングを間違えないようにしましょう!市場は予定どおりの値動きです

先週末の東京市場は、一時200円以上も下げる場面がありました。

あの流れですと前日の491円高も水の泡になってしまうのではないかと肝を冷やす方もおられたと思います。

しかしながら、相場はだいぶ打たれ強くなっていますね。

一時であれば、23日の流れではスパイラル的に売り込まれるところでしたが、相場は腰の強さを十分に確認できうる値動きとなり、特に後場途中からは大きく買い戻され日経ベースでは11円安という結果となりました。

今週は、28日29日に米FOMCがありますが、継続利上げはここの下げで折込済みです。
問題は、8月にも継続利上げがあるか?ということになります。
たとえあったとしても8月で打ち止めのアナウンスメントが表明されるかが焦点ですね。

最近のアメリカの消費者物価の動きは、コアの部分でインフレを思わせる指標が現れていますが、一時の不動産投資が下降してきており、FRBのバーナンキ氏の舵取りは非常に難しい局面となっています。

今週は、上記の内容から29日ころまでは動き辛いところですが、8月で金利打ち止めとなれば株価はアク抜け暴騰となる可能性もあるのではないでしょうか。

それまでは、個別銘柄の一本釣りといきましょう。

今週の「分析シュミレーション」は前週の2銘柄のその後を追跡しましたが
面白い結果となっていますよ。

今週のシュミレーションは・・・
  ↓↓
http://tinyurl.com/obaem

もちろんソフトは下記を使っています。
  ↓↓
「超短期分析表」を持っている方は、そんな銘柄を、分析にかけて「売買タイミング」を計ってくださいね!
             ↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

底値固めからの上昇です。が…、飛び乗りは厳禁ですよ!

待ちに待っていた第2ハードルを突破しました。前日のNY市場が金利上昇懸念は、
まだ底流に流れていますが、金利の上昇を埋めて余りある国際流通市場の堅調さを受けて
、世界景気の減速懸念が和らぎ、大きく買われたのを好感しての15000円を回復してひけました。

22日のブログで「14800円前後の抵抗線を抜け、6月16日のザラバ高値14976円を抜けてきた」ら
という指摘が吉とでましたが、ここで一つ注意しておかなければならないことがあります。

先日のブログでは、上記の抵抗線を抜けてきたら積極的に流れに乗って行きたいところですと
言いましたが、これほど一気に上げてきますと、どうしても売りが出てくる水準に、一気に接近
してしまいます。

当然、一旦は売り物に押される場面も想定して対応しないと、高値掴みになってしまう恐れがあ
ります。

もし、ここから買われる方は基本的にはポジティブで構わないと思いますが、勢いが良いからと
いって、飛び乗りの高値掴みだけは避けたいものです。

後から、こんなに良いのにあまり利益が出なかったなんてことは良くある話です。

株式市場は一旦方向性が決まると、大きな政治的問題が起きない限り、案外その流れが継続する
ものと思います。

従って、少しでも安いところを買うように心がけましょう。

ただ、難しいのは、格言でよく言う「押し目待ちに押し目なし」のパターンになってしまうことも
あるということです。病み上がりの相場に加え、まだ完全に悪材料が消えたわけではありません。

ここは、安くなった後の出鼻を買うと良いと思われます。

今回のような流れの場合、テクニカル指標では「陽転、買いサイン」が出ているでしょうが、
案外1日小幅に下げて上昇する場合も多いので、そのへんも見落とさないでください。

ほんじつは以上です!

-----------------

「超短期分析表」を持っている方は、そんな銘柄を、分析にかけて「売買タイミング」を計ってくださいね!
             ↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

底堅い動きに明るさも!悪材料はまだまだありますが…

昨日のブログで「5日移動平均線の14450円近辺で下げ止まることができるか?」という指摘をしましたが、
東京市場は一時14482円まで安値があったものの、まあ5日移動平均線を下回らずにすんだということで、
22日の値動きでもう一度下値を探りに行くか、それともこの切り返しの継続を演じるのか、可能性としては、
切り返しの継続を演じる方が確率が高いのではないでしょうか。

材料的には、日銀の福井総裁の「村上ファンド問題」や米国の金利、北朝鮮のテポドン2、等々、色々な悪材料がある中で
、打たれ強くなっていると感じられます。

ひところの相場ならば、21日の値動きからして多分14450円を割ってしまったのではないかと思います。
しかしながら、引けにかけて大戻しが出来る相場つきから、少しづつ上値を伺う動きが顕著になる予感です。

もし、下値を割らずに反転して、昨日指摘した「14800円前後の抵抗線を抜け、6月16日のザラバ高値14976円を抜けてきた」
ら積極的に流れに乗っていきたいですね。

まだ下値不安は解消されたわけではありませが、どんどん可能性は低くなっています。(注意はしておく必要はありますが・・・)

ここで個別の銘柄で、ねらい目の銘柄のテクニカルをお話しておきます。参考にしてみてください。

多くの銘柄が、今回の下げで25日移動平均線を下回って下降トレンドを辿りましたが、ここへきて反転して一旦押し目をつくり、
前安値を下回らずに25日移動平均線を一旦抜けて調整気味の銘柄が散見されています。

できたら、そんな銘柄に注目して選別してみてください。

ただし、一旦25日移動平均線を上に抜けた銘柄を探したほうが良いと思います!


---------------------
「超短期分析表」を持っている方は、そんな銘柄を、分析にかけて「売買タイミング」を計ってくださいね!
             ↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株式投資の真実!シナリオどおりの動き!辛うじて超目先の下値抵抗線は割らず!

20日の東京市場は、前場は底がたい動きを示していましたが、後場に入ると先物主導で下げ始め、昨日からの薄商いも、格言どおりの「閑散に売りなし」とはいかず、相場を支えることはできませんでした。

日経平均は、14648円41銭は211円94銭安でひけました。
とうぜんと言えば当然ですが外国証券の寄り付き前の注文状況も 売り3080万株 買い2870万株 と2日続けての売り越しで、外人の買い意欲の乏しさを反映しています。

先日からも当ブログで言及してまいりましたが、6月16日に超目先の抵抗線をクリアーし、2つ目のハードルを抜けることができるかが焦点でしたが、指摘しておきました15000円前後の2つ目の上値抵抗線手前で弾かれてしまいました。

弾かれてしまいましたと言うより、当然ここでは一旦押し目をつくって2番底を確認する動きが示現することはシナリオどおりの展開です。

大切なことは、この押し目が何処で止まるかという一点に今後集中してください。

20日の段階では、5日移動平均線を割らずに引けていますが、21日の動きがどのような動きとなるか、しっかりと見守っていきたいポイントを指摘しておきますと;

今後、下げる場合は、5日移動平均線の14450円近辺で下げ止まることができるか?
もし、下げ止まらない場合は、6月14日のザラバ安値14046円を割らずに切り返せるかがポイントとなります。

反対にここから切り返し上昇してきた場合は、例によって第2上値抵抗線(16日時点は15000円前後でしたが、21日時点では14800円前後が抵抗線です)を抜け、できれば16日のザラバ高値14976円を抜けて欲しいところです。

この上昇の動きが示現したら、躊躇することなく売買姿勢をポジティブに積極転換しましょう。

-------------------------

今までの投資スタイルを変えてみませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株式投資の真実!閑散に売りなし!外人の本格的な参戦待ちか!

19日の東京株式市場は5月1日以来の閑散相場に終始して、小幅反落で引けました。
出来高概算14億3755万株、売買高概算1兆7305億円した。

株価指数は小幅に安く引けてはいますが、値上がり銘柄数856銘柄、値下がり銘柄数752銘柄と高安まちまちですが、4連騰銘柄もあり今後は強弱の明暗が銘柄別にはっきりとしてくる兆しがみえます。

週末のNY市場が安かったことと、休み明けということもありましょうが、寄り付き前の外国証券の注文状況は;売り3920万株、買い3610万株と3日ぶりの売り越でした。

今週は米FOMCを来週に控え、金利の動向がはっきりするまで、基本的には動き辛い相場ですが、先々週に意図的なのか恣意的なのか連銀の委員による連続インフレ懸念発言でNY相場が大きく調整し、高金利懸念(日本も含めて)から、世界中の、特に新興国の市場が大幅に下落しましたが、先週末で一応底値を確認したかっこうです。

今後は、今週から来週にかけて2番底を探る動きが現れてくることも予想されます。

これは、目先の動きの話ですが、中期的には、8月から9月に向けて中期反騰から一旦中期の2番底確認で下げ、米中間選挙にかけ政治的な意図が働いて上昇するというシナリオが考えられます。

いずれにせよ、外人が、高金利を懸念して投資資金の再編成で一旦引き上げた資金を、再度、株式市場に振り向けてくるか。それとも債券市場へ振り向けるか、資金の流れに注意を払っていかなければなりません。

個別では、25日移動平均線の上位に株価が位置し、右肩上がりの銘柄は、この大幅調整でもたくさん有りますので注目してみてください。

-------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
お宝銘柄発掘法も付いてます。。。
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。