株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

本日の日銀短観から更に上昇を狙うか?FOMCのコメントは好印象です!

6月29日のFOMCのアナウンスメントでは、ことあるごとにインフレ警戒感に言及していたバーナンキ氏でしたが、今回は、警戒感を表す文言がなかったために、安心感から大幅高を演じた後、30日には多少の利食い売りもでました。

一転、東京市場においては、エリオットで見ますと中期上昇第一波動の中の短期上昇第三波動入りしたところです。

このことから言える様に25日移動平均線を終値ベースで上回ってくる銘柄も目だってきました。

今後は、飛び乗り型の投資を慎み、25日移動平均線を下回らずに押し目を作っている銘柄を狙いながらの「スウィング・トレード」に徹していけば効率よく利益がとれます。

今週のシミュレーションはそんな銘柄を取り上げました。

さて、今週の相場は如何でしょうか?

今週のシュミレーションは?
  ↓↓
http://tinyurl.com/s9xdn

使ったソフトは「スウィング・トレード」の決定版です。
あなたの投資効率アップに活躍します。。。
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

NYの先取りか?それとも、再度25日移動平均を上回る・・・?

一転15125円15銭は235円4銭高の昨日の日経平均でした。しかし、たとえ29日の米FOMCの結果がどうであろうと、8月FFレート上げまでは折込済みであると、強気派の買いが集まったかっこうで、アメリカの上げをそのまま好感して反転上昇をとげた形です。果たして30日の市場は?

寄り付き前の外国証券の注文状況も9日ぶりに買い越しとなりましたが、依然として一時のボリューム水準よりは低いことが不満です。

昨日は、目先の下値抵抗線を下回って2番底確認に動くか心配しておりました。切り替えはしたものの、米FRBのバーナンキ氏のコメント如何ではどちらに動くか確定的ではありません。

しかし、昨日のグログでも言及しておきましたが、11月の米中間選挙前までには、選挙対策として上げなければならない理由があります。

当然、○政資金が動く可能性が十分にあります。

ということは、今は下げておいても差し支えないわけです。勘ぐるわけではありませんが、どうもFRB議長や地方連銀の委員のコメントも口裏を合わせたように「インフレ・ファイター」のような発言が続き、相場の大幅下落に拍車をかけた感も否めません。

反面、今年後半は上昇する可能性が大きいと考えても良いのではないでしょうか。

世界的な金利の上昇傾向が指摘されてはいますが、景気失速となれば金利を上げるわけにも行かず、景気後退の悪材料よりも株価には需給が優先するわけですので上記の見方も一理あるように思われます。

昨日のNYが大幅高の場合は、多分シカゴ日経先物も大証終値より大幅高となっていると思われます。
買われる方は、朝一番は多くの銘柄が買い気配で高よりする可能性がありますので、買い一巡後のダレて安くなったところを狙ったほうが利幅が大きくなります。

-------------------

投資熱が冷めていた方!
これから出動です・・・

利を大きく取る手段をお持ちですか?
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

目先の下値支持線を下回る。予定どおりの下げ!

前日の東京市場は、ニューヨークの消費者信頼感指数と2ヶ月連続で中古住宅販売が下落したとういえ、双方とも予想を上回ったことで、FFレート打ち止めが遠のくとの思惑から大幅に下落したのをうけてはじまりました。

当然、NYでは28日からのFOMCに対して、FFレート引き上げ打ち止めを相場が催促しているというふうにも見受けられました。

28日の東京市場は日経平均ベースで285円安で引けましたが、一応27日に実体で25日移動平均線に届いたということで、ここまで14日のザラバ安値から1100円以上あげてきたことを受け、一服は欲しいところです。

しかし、昨日指摘しました下値支持線(6月14日ザラバ安値14046円と6月21日のザラバ安値14483円を結んだ線)を実体で下回ったようです。

今後は、14日の14046円を下回らずに反転して2番底形成となるのか、今のところ下値はしっかりしているものの再度下値を試しにいくのか?注目してみたいところです。

ニューヨーク市場がFOMC如何では大幅安も大幅高も演じるだけのインパクトがあるだけに、目を放せない局面です。

一部のアナリストからは、13500円前後まで下げるという弱気の発言や、この水準でボックス圏で推移するのでは様々な予測が出ていますが、たとえ下げたとしても、11月の米中間選挙までには大幅に上げなければならない理由があります。

さて今後は?

-------------------

「超短期分析表」を持っている方は、そんな銘柄を、分析にかけて「売買タイミング」を計ってくださいね!
             ↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

下値支持も固い!実体で25日移動平均線を上回る動きも!

昨日の東京市場は5月8日から36立会日ぶりに日経平均ベースで25日移動平均線を終値で上回ってきました。

相場のエネルギーは、一時の20億株にはおよばない出来高14億7000万株とエネルギー不足は否めません。

当然28日29日のFOMCが終わるまでは模様眺めを決め込んでいるようで、結果待ちの域はでません。
しかし、反面底堅い動きが見られるようです。

昨日も言及したとおり、本日も下値切り上げ型の値動きが顕著でザラバ安値は15095円と4日続けて切り上がっています。

今後、多少押し目を作ってくる場面も予想されますので、下値支持線を一応意識しておいて下さい。

6月16日ザラバ安値14046円と6月21日のザラバ安値14483円を結んだ線が下値支持線ですが、今後押し目でこの支持線を下回ってくるようでしたら2番底確認へ動くものと見られます。

さて、ここのところ、業界再編と買収防衛で鉄鋼株が買われていますが、

6月15日の当ブログで;
「主力銘柄の一角の新日鉄の昨日(14日)のチャートを見ていただくと、寄り付き372円大引け389円で大きな陽線が、前日の寄り付き387円大引け377円の陰線を包んでいます。
この包み陽線と底値圏の大陽線が意味するものは、当ブログを注意深くいつもご覧になっている貴方なら、もうお解かりと思います。」

と言及しましたが、その後新日鉄は昨日(27日)425円まで上げてきています。
そんなところにもヒントがかくれているのですね!

全体の相場は、ここで一服から2番底を試しに行くでしょうか?
一旦調整から下値支持線を割らずに反騰から確実な上昇トレンドに乗ってくるのでしょうか?
このまま休まずに連騰となるのでしょうか?

いずれにせよ、下値は固いと思われます。

-----------------------

株式長者への最短距離?
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

上記マニュアルを手に入れると下記2つが無料でGETできます。
  ↓↓
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

底値固めからからの上値を伺う動きか?FOMCの結果待ち!

28日29日のFOMCが気になって大きく買い上がれない相場ですが、昨日の東京市場は、先週末のニューヨーク市場がFOMCを警戒しながらの動きで買う材料も乏しいことから下げたのを受けて下げてはじまりました。

前場は薄商いの中一貫してマイナス圏で終始していましたが、後場は主力株中心に買われました。

特に、買収防衛策を模索する鉄鋼株は、業界の再編が進む中朝方からしっかりとした動き!

後場からは、ソニー、トヨタ等も買われ日経平均は小幅上昇の28円36銭高でひけました。

昨日の相場の動きも23日の動きと類似した動きで、一時15000円を割り込んで137円程下げる場面がありましたが、小幅高陽線で引けた流れから、下値を固めながら上値を伺っているような動きとなっているのではないでしょうか。

日経平均の日足をチェックしますと、この3立会日では陽線が続いています。
更に特筆すべきは、今月21日にザラバ安値が14987円、22日が14812円、23日が14865円そして26日が14987円と下値が切り上がってきています。

思い出して下さい。
5月からの相場の調整過程では、ドンドン下値がきり下がってきていました。
以前にも指摘したとおり、相場が下げる時のパターンは下値がドンドンきり下がっていきます。

26日はザラバで25日移動平均線を一時上回りました。
残念ながら大引けではとどきませんでしたが、参考までに26日時点の25日移動平均は15180円となっています。

いよいよ正念場に入ってきました。

すんなりと実体で25日移動平均を上回ってくるか、それともここで一旦弾かれてから前波動の下値を下回らずに反騰するのか、それとも週足ベースでダブル底を確認しにくるか?

あなたは、どのように判断しますか?

-----------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」


株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。