株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

前回指摘どおり急激な調整も!冷静な対応を!

週明けの東京市場は、後場寄りから急激な下げとなり345円安で引けました。前回のブログで指摘しておきましたが、この短期調整局面は予測できた動きでした。

ここのところの相場の動きを見ていますと、多少の上下はありましたが、12日間あげつづけました。その間の株価の動きをチャートで見ていただきますと、エリオットの波動論に照らし合わせてテクニカル的に分析することができます。

日経平均の日足チャートを見ていただきますと、7月19日陰線から翌7月20日陽線で第一上昇波動、7月21日24日の下げが第一調整波動です。これで1サイクル。

2サイクル目は、とても短いですが、7月25日上げ26日下げです。そして、3サイクル目が7月27日から7月31日の上昇、8月2日への下降となります。実は、エリオットでは理論的には3つのサイクルで1セットなのでこれで、所謂短期上昇一波動が終了となります。

ところが今回は、8月3日に前日終値よりも高値で引け、形の上では4回目の上昇になりそうな波動形成となりました。しかし、翌8月4日に前日陰線に続きマイナスの陰線が示現し今回の上昇過程では、2日続けての陰線が始めて示現しました。このことから、前回ブログの表題に「短期調整局面に注意!」をうたわせていただきました。

この4回目の波動は、エリオットでは良くあるパターンで、このブログでも時々言及している「エクステンション」(勢い余って買われ過ぎること)といいます。このエクステンションが示現した時または第三上昇波動終了時に陰線が2日続いた場合は、一見強そうな値動きを示しても、調整に入ります。

今回の相場は、8月3日の高値15580円が7月4日の15710円を抜けてないので、7月18日14437円を下回るようなことがあると暗雲が立ち込めることになります。そこを割らずにボックス相場を形成するか、それとも直ぐに切り返すかを注目していきたいと思います。

---------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

【稼ぐ投資家】になりたいですか?
   ↓↓
ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
「デイトレ分析表作成マニュアル」

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

明日の米FOMCの結果が気になるところ!短期調整局面に注意!

今週は、注目の米FOMCが8日の火曜日に開催されます。
ここで米国の金利が打ち止めとなるか、または、最後の引き上げとなるか。それとも、引き上げを継続することになるかで今後の株価に与える影響が大きく、目の放せないところです。

先週末のニューヨーク市場は、雇用統計が予想を下回る11.3万人の増加となり、7月の失業率は4.8%と予想を上回ったかとから、雇用環境の軟弱化が認識されましたが、賃金上昇率は+0.4%と予想を上回ったため株価へのインパクトには今一歩の内容でした。

しかしながら、前月の上昇率からは減速しており、景気の過熱感からくるインフレ懸念は、幾分遠のいてはいるものの次第に利上げ打ち止めという材料も織り込まれてきたことから、今後の株価に与えるインパクトの強い好材料が欲しいところです。

とりあえず今週は18日のFOMC待ちというところでしょうか?

今週の「超短期投資分析表シミュレーション」は銘柄入れ替えとなっております。ご参考まで・・・。

------------------

今週のシミュレーションは?
  ↓↓
http://tinyurl.com/ms5u8

この分析に使ったソフトは?
  ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資

外国人大幅買い越し!でも調整直面に注意ですよ!

ニューヨークの大幅高を受けて一時110円以上高かった日経平均も後場は小幅のマイナス圏内でもみ合い、大引けにかけて辛うじてプラスを維持しましたが、TOPIXは0.12ポイントのマイナスでした。

3日(木)のNYは米6月の製造業受注、4日(金)米7月の雇用統計(失業率、非農業部門雇用者数)そして来週の火曜日はFOMCと立て続けに、株価に大きな影響を与える発表を前にして買いあがれない心理が働いていました。

テクニカル的に見ても75日移動平均線が頭を押さえており、3日終了時点では15691円と日経平均のザラバ高値15580円はまだ届くところまで行っていません。

この75日線を実体で抜けてくることが大切なことは確かですが、今回の波動で大切なことは、75日線を抜けるよりも7月4日のザラバ高値15710円をクリアーしておきたいところです。

今回の上昇過程ではエリオットの波動が測定しづらくなっており、現在の波動が第二波動の終わりか、第三波動の終わりなのか判定が難しくなっています。

もし第三波動の終わりとなると7月4日の高値を抜く可能性がうすくなり今後の相場は積極的に上値をとりにくくなってきます。

できれば今回の波動で7月4日のザラバ高値15710円を一旦抜いておくと大いに期待が持てます。

今後の予測としては、もし7月4日の高値を抜けない場合は、15700円から14450円の間の底値圏ボックス相場か、もう一度下値を試してから反騰する、逆三尊の形になる可能性がでてきます。

相場の格言に「三日天井、底百日」とありますが、今回の相場は、アメリカの景気の回復過程が鮮明になるまでは、上がりきれない面も否定できません。

それでも、11月の米中間選挙が意識され始めるころ(秋風が引き始めるころ)には、顕著な上昇相場をつくらなければならない政治的な思惑はあります。

------------------

実践者がこっそり使っている
究極の投資法・・・
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
「デイトレ分析表作成マニュアル」

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

6日ぶりの反騰も不完全燃焼!もう一波動の調整も?

19日の東京株式市場は、前引けにかけて日経平均ベースで14621円は184円高まで買われ、後場も期待されましたが、もう一つ不完全燃焼の流れは否めませんでした。

19日のニューヨーク市場は、一昨日のブログでも言及しておきましたように、米インテルの決算発表やバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を控えており、様子を見極めたいという気分が強まったこともあり、晴々と買いあがることはありませんでした。

テクニカル的にも、6日ぶりの反騰で、一応下げの小休止という格好ですが、まだ、下げも上げも確定したわけではありません。

19日のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言の内容にもよりましょうが、もし、インフレ懸念の再燃を指摘する内容がふくまれれば、FFレートの引き上げ打ち止めの時期が先に延びるという観測になるだけに、ニューヨーク市場は大きくマイナスに反応する覚悟が必要です。

20日の東京市場は、この動きを見ての取引となり、もう一段の下落があってもおかしくない状況にあります。

ニュ−ヨークだのみの相場は、あまり有難くはありまあせんが、エネルギーが一時的に細っている東京株式市場は、少しの間は影響されることはしかたがないかも知れません。

ただ、救われることに、外人投資家の今後の日本株への投資動向調査では、日本株へのウエートを高めるとした投資家の割合が増加しているという結果がでているだけに、今後への期待は持てそうです。

できれば、6月14日のザラバ高値を下回らずに、ここから一気に調整から脱却・上昇気流に乗ってほしいところです。
バーナンキ氏の政策如何ではその可能性もあります。

------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
「デイトレ分析表作成マニュアル」

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

パレスチナ・極東・中東の地政学的リスクに株価は大幅下落!

日銀の金融政策決定会合でゼロ金利解除が実施され、ようやくアク抜けから株式市場は反騰に入るタイミングと期待していた多くの投資家を裏切って、地政学的リスクから円は1ドル117円台となり、有事のドル高を示現しています。

これを受けて、18日の東京株式市場も日経平均が400円を越す大幅下落、本来ならばサンクトペテルブルク・サミットで主要国の総意で和平実現のプロセスをまとめあげるべきであるにもかかわらず、大国のエゴと利害が一致せずに戦火は広がる様相を呈しています。

どうしても株価は、戦争となると大きく売り込まれることが多く、一応下げるところまで下げないと反騰できないという習性があります。

テクニカル的には6月14日の14046円が目先の安値圏内に意識されるようになってきました。

この安値を下回ってくると最悪のパターンに陥ることになります。と申しますのも、中期下降波動が完全に示現することから、調整局面が長引くことになるからです。

もし、14046円を割った場合には、一度戻しても、もう一度今回新たにつけた安値を試しにくることになります。

反面、14046円を割らずに反騰したばあいでも、今度は、7月10日の15555円を抜けなければ、もう一度6月14日の安値を割ることを心配しなければなりません。

何れにせよ、テクニカル的にも非常に辛い動きとなってきました。

多分、分析されていらっしゃる方も、買いシグナルは出ない(一部のディフェンシブ銘柄は別として)筈ですが、以前から売りが継続している銘柄が陽転したからといって、多くの銘柄で25日移動平均線を株価が下回っている今は、買いのスタンスにはくれぐれも慎重に対応しましょう。

今回、売りで積極的に対応した方はおめでとうございます。
大きく儲けることができましたね!

--------------------

空売りにも対応!
  ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。