株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

株価が意味するとても大切なこと!

株価は色々な投資主体(投資家)が様々な思惑で売買した結果、
たくさんの人々の総意で決まった企業の価値であるということです。

色々な人々の意見や考えが反映された結果ですから、その意味からすれば、
実はこの株価こそが「極めて有効な指標」なのです・・・。

極めて有効ということは、現在の株価が先に述べた価格形成の条件や経済的与件を織り込みながら、
過去における日々の取引の過程で、将来の株価の方向性を暗黙のうちに示唆していると言うことなのです。

少々難しい言い回しになってしまいましたが、ここはまあそういうものなのかという程度の
理解でかまいません。

ここで忘れてはいけないことは唯一つ、過去から現在の株価の推移が未来の株価の方向を
示唆しているということです。
未来の方向(バイアス)は予測できても、株価を予測できる人はいません。

よくアナリストが株価予測を発表していますが、多くの予測の中には当たることもあるでしょうが、
まず当たり続けることはないでしょう。

そして、あなたは「上がるから買う」「下がるから売る」の繰り返しを素直に実行することが
大切です。

その結果として、いくら利益がでたかがあなたのパホーマンスです。

くれぐれも最初から「この株はいくらになる」など考えないことです。

せっかく利益がでても売りそこねて損をすることもあります。

--------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

投資家の性格的要素が大きく投資の結果に影響!

相場で成功するには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析が大切ですが、
それ以上に投資家の持つ性格的要素が大きく投資の結果を左右します。

人それぞれ顔が違うように、性格も千差万別ですが、株式市場では
貴方の性格や行動パターンによって、利益をとれるかとれないかが決まります。
注意しなければならない行動パターンとは・・・。

(T)下げ相場の時、大きなチャンスにもかかわらず買い一方しかできない人
(下げ相場に買い向かう人)

(U)売ると直ぐに買いたくなる人
(いつも株を持っていないと気がすまない人)
(買い一方の方は、調整局面でも買いに行ってしまうため損する)

(V)資金枠すべてを投入して余裕を持って投資を行えない人

(W)短期で売買する場合、中・長期的視点を無視して売買する人

(X)最初から自分の目標値を決めつけて、そこまで行くと思い込んでしまい、
希望的観測で売買する人

まだまだ色々な原因で損する投資家になっている人がたくさんおられると思います。
あなただけには、そうなって欲しくないです。

-------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

「デイトレ」こそ「中期バイアス」を大切に!

株式投資には株主となり何年もその会社の株式を持ち続ける投資の方法から、数ヶ月や数週間で売買をする方法、数日の短期に利益を求めて売買する方法そして今回のテーマである「デイトレード」という方法など様々な投資の方法があります・・・。

一般に私たちは、この様な株式を売買する方法を総称して「株式投資」と呼んでいます。
しかしながら、もう少しこれらの方法の定義を厳密にしてみますと、
投資期間が短ければ短いほど投機色が強くなります。

今回のテーマである「デイトレード」は一番投機性の強い言わば
「ギャンブル」に近い投資法ということがいえます。
ということは、勝負が早く直ぐに利益につながる代わりに、
損する時も数分いや数秒ということが現実におこります。

まだ救われるのは、早く対処すれば「競馬」や「競輪」のように元金まで失わずにすむということです。
そこで、貴方がこの「デイトレ」で勝つためには、それなりの必勝戦略なるものが必要です。
貴方のたいせつなお金を「デイトレ」で短期に何倍にも増やして行く戦略です。

事実、やり方さえ間違わなければ、普通の主婦で短期間に1,000万円の利益をだせた方法でもあります。
逆の発想から考えれば、短期に大きく増やすには、勝てるならば日経225オプションや先物を除いて
「デイトレ」もしくは「デイトレに近い方法」しかないともいえます。

反面、「デイトレ」は儲かるというような人の話や雑誌の記事に誘われて、
何の戦略も戦術も持たないまま「デイトレ戦線」に臨めば、
例え「デイトレ」に情熱を燃やす貴方でも討ち死にすることもあるのです。

デイトレは勘や感覚・希望で勝負するものではありません。
最近、デイトレは分足・時間足にとらわれ、中期のバイアスを全く無視した方から、
デイトレに勝つための方法について質問をうけました。

私が「中期トレンド分析を大切にすることです」と答えたら、キョトンとした顔をしていました。
意味が解ったかどうか解りませんが、相場の方向性は決しておろそかにしないことがたいせつです。

-----------------------

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
「デイトレ分析表作成マニュアル」

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株式投資の命!

以前「短期急騰銘柄情報を100%鵜呑みにしてはいけない」というお話をしたことがありました。
そこで、第二弾として「短期急騰銘柄も含めてどんな銘柄でも利益を出せる」という、
貴方が興味を持てる内容で話を進めてみます・・・。

株で利益を出すには、極めて単純に考えれば「安いところで買って、高いところで売る」
ということに尽きます。

それでは何故皆さんは「短期急騰銘柄」を欲しいのでしょうか?
それは短期で効率よく大きな利益を手にすることができるからと思い込んでいるからです。

しかし、冷静に考えてみて如何でしょうか!
前回お話した内容を理解していらっしゃる方は「そう簡単には儲からない」
ことはお分かりと思います。

あえて言わせてもらえば、どんな銘柄でも買う時期、売る時期を間違えれば儲かるどころか
損をしてしまうことさえあるのです。

仕手株であろうが、バリュー株であろうがどんな銘柄も株価の上下はあります。
また、上下があるからこそ儲かるのですから、株式投資で一番大切なことは
今の水準が高いのか安いのか(ある一定期間内で)を測定する技術を持っているかいないかで
「利益を出せるか出せないか」が決まってしまうということです。

短期急騰銘柄や仕手株が悪いことは決してありません。
むしろ先ほどの「分析技術」を持っていれば、どんな銘柄を買おうが
確実に利益をあげることが可能です。

突き詰めれば「この分析力」を持っているかいないかの方が重要なのです。
その上で、良い銘柄を売買すべきです。

私の知り合いで、「たった一銘柄」を売買して
大きな利益をあげている方がいらっしゃいます。

彼は、先ほどの株価の変動(波動)を「確実な分析方法」を利用して
高いか安いかを判断して大きな利益に結びつけています。
たくさん銘柄は必要ないといっていました。

一銘柄は極端にしても、数銘柄、自分が得意とする銘柄を分析しながら売買していると、
なにか感のようなものも働いてその銘柄の習性なども予知できるようになるようです。

---------------------------

稼いでいる投資家が使っている
売買タイミング把握法とは?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

相場を読む「分析力」

こんな経験あなたにもありませんか!

株式相場をやっている方でよく経験することですが、「もう」そろそろ危ないから
利食っておこうかとか、「まだまだ」この株は上がるよといった発言をよく聞きます・・・。

そのすべてとは言いませんが、「もう」危ないと思って売った瞬間から上がり始め、
あれよあれよという間に大化けしたとか、

反対に「まだ」大丈夫と思って継続していた銘柄が下がってしまい
利益を吐き出して売るに売れない水準まで下がってしまったという、
泣くに泣けない話まで色々きかされます。

人の感覚というのは、その時の希望的観測や人の噂、有名なファンドマネージャーの予測、
新聞や雑誌などのコメントなどがインプットされ、それらが客観的な資料として
取り入れられるものでしたら良いのですが、案外自分に都合良く解釈してしまう場合が多いのです。

その結果としてこのような思いもよらない結果になってしまう事もあるのですね!

人の感覚はあてになりません!

そろそろと思って売った後に上がって、大きな利益を取りそこなったり、
せっかく利益がのっているのに売りそこなって損をしてしまったり、
そんなことが無いように、客観的な判断を提供してくれる「分析力」を身につけることが大切です。

------------------------

今すぐ結果を出したい投資家のあなたへ
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。