株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

外国人投資家の考えを理解する投資法!

株式投資では、過去の出来事を応用することが大切です。

一昨年8月のことを思い出して頂きたいのですが、参院で郵政民営化法案が否決された時、市場関係者の多くは、「一時的に相場は下げる」との見方をしていました。

ところが相場は反対に動きました。衆院選も、「与党勝利」を先取りして相場は上昇、結果的に圧勝で更に上昇波動が加速しました・・・。

例年、8月は外人のファンドマネージャーは夏休みということで、下げる年が続いていました。

一昨年も季節要因ということで売っていた国内勢を尻目に、外国人投資家は市場まれに見る買い越しということで、国内勢は完全に裏をかかれた状況だったのです。

このような歴史的動きを投資家の皆さんはどう観察しますか?

ここには、長年相場を見てきた私としても、ただならぬものを感じます。

一つは、外国人投資家の「下げるべき時に買い、上げるべき時に売ってくる」売買のうまさ。
そして、それ以上にこの事例では「仕掛け」も入念に行われていた節があるのです。

「下げるべき時に買い、上げるべき時に売ってくる」のは、完全に種玉を仕込んでいた証拠です。

どのような意図で、この様な仕込みを行ったのでしょうか?
私は、ずばり「日本の金融資産」と読んでいます。

「郵政民営化」は悪くないとしても、「民営化」された一部の貯金は株式市場等の金融市場に流れ込むとみるのは不自然ではありません。

その時、彼等外国人投資家は当然その資金を狙ってくるはずです。

いえ、もう既に狙っていたから安いところを仕込んだのです。

このお金の動きを読み違えると、投資家の皆さんの投資資金も彼等の餌食になりかねません。
だからといって彼等に逆らって勝てるものでもありません。

逆に、むしろ利用すべきです。

彼等がどう考え、次にどんな手を打って来るかを読み、「彼等の考えを理解する」投資法を考えれば、投資家の皆さんは、この「仕掛け」を自分の「チャンス」として大きな利益に結びつけることができるのではないでしょうか。

次にくる仕掛けは、株式の等価交換の解禁です。

企業防衛の業界再編!提携!M&A!に注意を!
1年前に言及した、新日鉄1000円も目の前に迫ってきました。

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株式分割の流れで儲ける方法!

株式分割は投資家にとっては大変インパクトの強い買い材料であることは間違いありません。

しかし、対応を間違えると、チャンスがピンチに変わることもあります。

株式分割発表後の値動きのパターンを十分理解して売買することも非常に重要です。

短期で思いもよらない利益を獲得できるチャンスでもありますから・・・。

本日の主題は、株式分割です。
でも、長期に株を保有して分割の子を増やそうというお話しではありません。
分割発表後の大幅な値動きを利用して、短期で利益を獲得しようという内容です。

一般的に株式分割のスケジュールは、
「分割発表」→「権利取り最終日」→「権利落ち日」→「子株還流日」という順序で行われます。

まず「分割発表」があると、分割狙いの買いが入りやすく、株価は急騰します。

この時点では早い者勝ちで安く買えれば相当の利益が出ますが、
元々その株を持っていた方以外は高値を買うことになる可能性のほうが高いでしょう。

しかし、一吹きが終了しますと、第一陣の買いが落ち着いてから
「権利取り最終日」までの間は大幅に株価が上昇する期間です。

過去に分割をした銘柄のチャートを眺めて見ると一目瞭然です。
ここまでが第一ラウンドで「権利取り最終日」までに一度利益を確定します。

その後、「権利取り最終日」の翌日つまり「権利落ち日」で株価は分割されて、その分安くなります。この日から「子株」が配分される「子株還流日」(権利落ち日から50日間)までは、実際子株は売買されませんので極端な品薄状態になります。

ここが第二ラウンドで株価は上がりやすくなります。

しかしながら、発表後に比べればインパクトが弱いのはしょうがありません。

この様に、株式分割に絡む株価の動きを上手く利用すると利益実現は思ったより楽かも知れませんよ!

-------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株価変動の重い軽いと発行済み株式数との深い関係

投資家の多くは、目先の出来高やゴールデンクロスなどのテクニカルの変化には大変敏感なのですが、需給面の変化には意外と鈍感なことが多いようです。

増資や自社株買いと聞いて投資家の皆さんはどのように感じますか。

また、需給に影響を与える信用残などにも注意を払って見ると、
また違った側面が見えてくるのではないでしょうか・・・。

会社が増資をするには、その裏付けとなる利益準備金や資本剰余金などの原資が必要なことは言うまでもありません。

しかし、増資をするということは、新たに株式を発行することを意味する訳ですから、発行済み株式数は多くなることを意味します。

その他、第三者割当による増資でも、市場より高い株価で引き受けてもらうのであれば良いのですが、それでも最終的には株数が多くなることに変わりはありません。

需要と供給の関係から供給が多ければ価格が下がるのは当然のことです。

反対に、自社株買いは市場に出回っている株が吸い上げられるので、浮動株は減少します。

株価には良い影響をもたらすことは言うまでもありませんが、
償却を伴う自社株買いであれば実質一株株主資本の増大につながります。

これは長中期的に見れば、株価上昇要因になります。

更に、信用の買い残、売り残の増加にも注目しましょう。

信用残は将来の反対売買の圧力となります。

毎週木曜日に発表される信用残の変化にも注意していくと、
思わぬお宝銘柄を発掘できるかもしれませんよ!

-------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株価チャートを検証し、儲けパターンを発見!

株価チャートを注意深く検証していると、大変分かりやすい儲けのパターンが幾つか発見できます。

その中でも簡単に儲ける可能性の大きい上昇パターンというのがあります。これを利用すると面白いように儲かります。

発掘が難しい急騰大化け銘柄を狙うよりも、波動を利用した右肩あがり銘柄の回転売買の方が遥かに儲かる可能性が大きいといえるのではないでしょうか・・・。

本日は簡単に儲けられる一つの上昇パターンの例をご紹介しながら話を進めていきます。

以下に紹介する銘柄は、推奨しているのではなく、上昇パターンを説明するために例にあげただけです(誤解の無いように)。

この上昇パターンに似た銘柄はたくさんあります。

ご自分の予算やファンダメンタルズ分析に適した長期に上昇していきそうな好業績の銘柄をさがしてください。

例としてあげる銘柄は、東証1部4065紀文フードケミファです。

株価チャート見てください。
例によって、ヤフー・ファイナンスで日足チャートを検索して利用することもできます。

投資家の皆さんは、この「紀文フードケミファ」の日足チャートをご覧になって何を感じられたでしょうか?

ほぼ25日移動平均線に沿って「上げて押し目をつくり、上げて押し目をつくり」ながら上昇していく形を応用します。

上昇した時は、25日移動平均線から大きく乖離していますが、
押し目で25日少々下回るか、又は、50日移動平均線に接するぐらいから反騰し、新値をとってきます。

これを繰り返しなら上げて行くパターン見て、賢い皆さんならこのようなパターンを利用することが考えられたと思います。

是非、利用して儲けてください。

-----------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株価の「マド空け」

株価が上放れ前日の高値よりもマドを空けて高く寄り付くのか、
反対に下放れて前日の安値よりもマドを空けて下値で寄り付くのを「マド空け」と称します。

この「マド」は後で必ず埋めに来るという定説があります。

「マド」は後で必ず埋めに来るという説の真偽は如何なるものでしょうか・・・。

ここでは、「上マド」を例にとって検証してみたいと思います。

「マド空けは必ず埋めに来る」とはいつのことかが、はっきりとは分かりません。
目先の数日中か?それとも2ヶ月3か月先か?それとももっと先のことでしょうか?

一般的には、数日中というのが常識でしょう。しかし、昨今のような上昇相場における色々な銘柄の「マド空け」を検証してみますと、マドを埋めに来るどころか、そのまま「マドを埋めず」に大相場をつくる銘柄が多いという事実もあります。

一方「マドを埋めず」に上昇した場合には、強い買いエネルギーを持った銘柄という「定説」もあります。

この「マド空け」を利益に結びつけるには、当該銘柄や全体相場のエネルギーを参考にすると良いでしょう。
基本的には、個別・全体とも上昇トレンドに乗っている場合には、「マド空け」は積極的に買いを仕掛けて良いといえます。

その後、数日間上値をとることが多いのがこのパターンでが、三空(三回マド空け)は売りシグナルになります。

それでは、「マド空け」は必ず埋めに来るとは誤りでしょうか?
これも、長期で見れば必ず埋めに来ることは正しいのです。

結局は、どのタイミングで買うのかが問題なのですネ!

-----------------------

稼いでいる投資家が使っている
噂のソフトとは?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。