株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

目標株価を設定して売買すると……

株価は色々な投資主体が様々な思惑で売買した結果、人々の総意で決まった、現時点での企業の価値です。

たくさんの方々の意見や考えが反映された結果ですから、その意味からすれば、実はこの株価こそが「極めて有効な指標」なのです・・・。

極めて有効ということは、現在の株価が先に述べた価格形成の条件や経済的与件を織り込みながら、過去における日々の取引の過程で、将来の株価の方向性を暗黙のうちに示唆していると言うことなのです。

ここで忘れてはいけないことは唯一つ、過去から現在の株価の推移が未来の株価の方向を示唆しているということです。

未来の方向は予測できても、価格を予測できる人はいません。

よく、株価を理論株価として計算します。また、計算はできます。しかし、市場価格が理論株価と一緒になることはまれです。

だからこそ、投資家の皆さんは「上がるから買う」「下がるから売る」の繰り返しを素直に実行することの方が大切といえます。

その結果として、いくら利益がでたかが投資家の皆さんのパフォーマンスということになります。

くれぐれも最初から「この株はいくらになる」など考えないことです。

目標株価を決め、せっかく利益が出たとしても、目標に到達する前に下がってしまい、売りそこねて損をすることさえあります。

欲をかかず、利益はほどほどが良いのではないでしょうか。

--------------------------
主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

東京市場は、17500円手前での売り圧力に絶えられるかが勝負です!

昨日の東京株式市場は、円の弱含み、アジア株の堅調な動きを好感して大幅高、日経平均は17,000円を回復して引けました。

昨日の当ブログでお話したシナリオの良いほうのパターンになったことで、まずは下値不安は遠のきましたが、今後の展開を考えると、ここから上の水準は……?
大きく調整した後だけに、戻れば戻るほど「やれやれ売り」がでてくることが予想されます。

SQの方は、大きく下げる過程でSQを意識した玉の解消売りがあった筈で、この急落場面ではその整理が相当進んだと見るべきでしょう。
しかし、裏を返せばそれだけ下げに拍車をかけたことが伺えます。

さて、この「やれやれ売り」ですが、節目となる17500円手前の売り物を上昇過程でこなすことができるかが今後の第一ポイントとなります。

定石通りに進めば、一旦手前で再度下値を固めに来た方が将来の相場を形成する上で底堅さを感じます。
さらに土台がしっかりした上昇トレンドを描けます。

しかしながら、まだ不安がない訳でもありません。

下値を固めに来たつもりが、底が抜けてしまった場合には、再度、長期の低落相場になってしまうことを覚悟しなければなりません。

可能性は低いと思いますが、その懸念がないわけではありません。

一方、このまま、17500円を超えて上昇し続けるとすれば、相当腰の入った相場ということになります。

昨日の投資主体別売買動向では外国人が大幅売越し、個人が大幅買越しとなっています。

さて、この勝負どっちに転ぶでしょうか!みんなで外国人の鼻をあかしたいものですね!

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株価の方向性は、本日の動向ではっきりします!

さて、今後の株価動向が気になるところですが、本日8日に、昨日の高値16988円をクリアーしてくるようですと、戻り足は順調に力のあることを示しています。

もし、今日下げるようですと、ここから更に下値を模索する動きになると思われます。

昨日も言及しておきましたが、再度下値を模索する動きになりますと、3月5日のザラバ安値16533円が気になってきます。

ここを割り込むようなことになりますと相場は、相当長期の調整を余儀なくされることとなるでしょう。

反対に、今日上昇し、できれば16988円をクリアーすれば、17400円手前あたりまでの戻しが期待できます。

いずれにせよ、長期の調整局面にはなってほしくありませんが、
大幅急落だっただけに今後の動きは目を放せない日々が続きます。

---------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

再度下値を試しに来る時が正念場!

世界同時株安は中国市場から始まりましたが、週明けのNY市場でも下げ止まらず6日の東京株式市場もNYの流れをそのまま引きずるかのようにみえました。

しかし、開けてみれば寄付きから買いが売りを上回り12円高で寄り付いた後は、終始前日終値を上回り、東京市場が世界同時株安の歯止めの一端を担った形になりました。

振り返ってみれば、今回の下げよりはるかに恐怖を感じた、「ブラックマンデー」の時は、丸二日売り気配のまま値がつかず、実際にこのまま世界が終わってしまうのではないかという恐怖を感じたものでした。

実は、その時もNYでは下げ止まらず、東京市場が大幅反発で
世界の相場を救ったという事実がありました。

その当時は、プラザ合意から超円高誘導で円は1$瞬間80円前後まで買われ、時の政府は国内の企業を保護するために潤沢な資金を市場に放出、そのあり余ったお金が「バブル」を生み、ブラックマンデーを救ったかに見えましたが、気がついてみれば日本経済は、奈落の底に落ちてゆく序章だったのです。

以後、失われた10年を取り戻すべく日本経済は、大きな代償を払ってようやく立ち直りを見せてきたところです。

昨日も言及しましたが、日本国内に回帰し始めた円キャリー資金がバブルの引き金にならないことを願うばかりです。

とはいえ、一応下げ止まりの様相を呈した株式市場ですが、まだまだ、リバウンドの域を脱して訳ではありません。

再度下値をトライしたときに今回の安値を下回ったら最悪ということも心得ておきましょう!

--------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

今回の下げが終わったら大相場!

株安が止まりません。今回の株価下落は、結局「需給の悪化」ということになります。

業績はまあまあですが、お金の流れが完全に逆回転しているということになるのではないでしょうか?

今回の円高が意味することは、なんだと思われますか!
今まで低金利の円を借りて海外で運用していた投機筋が、株を売って、ドルを円に換えて返済しているとすれば説明がつきます。
逆に今までの円安の説明もつきますね。

株価は色々な投資主体が様々な思惑で売買した結果、投資した人々の総意で決まった、現時点での企業の価値です。

色々な人々の意見や考えが反映された結果ですから、その意味からすれば、実はこの株価こそが「極めて有効な指標」なのです・・・。

しかし、大きな投機資金の流れは時として異常なまでに相場をかく乱する事も少なくありません。

さて、それよりも、今後の株価の動向が気になりますね。
そこで、冷静になって考えて見てください。

多くの投機資金はこの世界同時株安をきっかけに日本に戻ってきます。
この事は、円高が証明しています。

そこで、日本に戻ってきた資金はどこに向かうと思いますか?
実はこの資金の性質は、投機性を有するという宿命を持っています。
結局は、日本国内で運用される、とすれば、また投資に向かうわけです。

一般投資家の皆さんが、株は何処まで下がるのだろうと青ざめているうちに、この暴落の中、ニンマリと大安売りのバーゲンセールを買いあさっている人の姿がみえませんか!

それを証拠に、大底圏では天井圏にも増して出来高ができるものです。
慌てふためく投資家をよそに、じっくり買っている人がいます。
次に来る大相場のために。

この下げが終わったら大相場になります!

もしかして不動産バブルの再来も!

そんな気がしているのは私だけ?
--------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。