株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

「株で儲かる条件」!の探し方

「株で儲かる条件」!誰でもが捜してみたいと思います。

裏を返せば、もし条件が反対ならば「誰もが株で儲からない条件」を抽出できれば、儲かる条件が理解できることになります・・・。

株で誰もが儲かるためには、「相場全体が上昇」しなければなりません。

どんな銘柄を買っても、またどんな銘柄を持っていても、上昇率は差異があってもすべての銘柄が上がる状態です。

まず、大幅減益、倒産、上場廃止、天井買い、等々、不測の事態が無い限り本当に平凡な銘柄でも、全体の相場が上昇基調にある時は上がります。

それでは、「その条件」とはなんでしょうか。

そこでチョット見方を変えてNYの市場規模を見てみますと、
だいたい時価総額で4000兆円です。

それに対し、東京は幾らかと申しますと、残念ながらとてもNYには足元にも及ばない、約十分の一の500兆円です。

もし、ニューヨークの投資家が、彼等の投資資産の一割を東京に振り向けたらどうなるでしょうか?
たった一割でもニュ−ヨークから東京の時価総額と同じ400兆円が流入してくることになるのです。

これは、とても大変なことです。
この様なことが起れば、少なくとも、東京は70〜80%株価が暴騰するでしょう。

みんな含み益を抱えて大騒ぎになってしまいます。

逆に、現在の東京株式市場から外国人が資金を引き上げたらどうでしょうか、全く反対の状態がおきることになります。

株式投資で、投資家が一番注意を払わなければいけないのは、
外国人の動きを常にチェックしていく姿勢といえます。

具体的には「週単位での外国人投資家の買い越し額」「外国証券の寄付前の注文状況」のチェック、更にきめ細かく分析するには、外国人の動向だけでなく東証全体の時価総額にも心を配ると良いとおもいます。

外国人その他の資金が、市場に流入してきているか逃げ出しているかの判定で、一番良いのは「日経平均」や「TOPIX」よりも、「日々の売買高概算で売買代金概算を除した指数」の増減変化のチェックかもしれません。

皆さんも研究してみては如何ですか!

--------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

調整局面か?上昇シグナルを見逃すな!

一応歯止めがかかった株式市場!12日の17325円をクリアーできるか!それとも?

「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているように、
株価が大きく調整する場合には、チャートの形状に、案外「調整のシグナル」が表れるものです。

しかし、今回の調整局面では現れていません。

この形状が現れていないということは、相場はまだ上昇過程にあると理解しても良いのでしょうか!

これとは反対に、大きく調整をして底を打った場合はW型の底を形成します。人によってはΩ波と呼ぶ人もいます。

W底は一般的な呼び名ですが、Ω波を使う人は少ないようです。

形の上では、底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば下げ完了から反騰に移るパターンが多いのでチャートを重要視する投資家の間ではとても重宝な上昇シグナルととらえているようです。

しかし、100%底打ちシグナルかといえば、そこは株式、そう簡単ではありません。

W底ならぬトリプル底もあるのが現状です。

ここに、先程のΩ波を使う方々が単にW底と言わない理由があります。

それは、彼等がオーム波と呼ぶ場合には、上げ約26日、下げ約26日、計約52日でΩ波が形成されて、底打ち完了と判定している点です。

どういうことかといえば、相場が底打ちを完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がることに加え、日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えていることです。

これは、とても大切なことです。

ここ最近の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。

今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

ニューヨークの大幅下落が気になります!

13日のニューヨーク株式市場は、サブプライムローン(信用度の低い個人向け住宅ローン)の焦げ付き懸念が広がり、ニューヨークダウは242.66ドル安の大幅下落となりました。

これを受けて始まった東京株式市場は、朝方の寄付きから242円安で寄り付いた後は、売り気配銘柄が寄付き始めると一気に値を下げ、その後も終始一貫下げ続ける流れとなりました。

日本時間の11時から始まる、中国市場に期待したものの、こちらもニューヨークの大幅下落をうけて弱含みで推移したため、後場に入っても下値を拾う動きは見られず、ジリジリと値を下げる悪い流れとなってしまいました。

さてここで、一昨日までの当ブログの相場予想を読み直して下さい。

『ここからは、一旦売りがでて、押し目をつくっても不思議ではありませんが、前述のパターンのジワリ上昇型で推移する可能性も大いにあることを念頭においての投資戦略をたててください。
ここから下げた場合には、前の安値を下回ってきた時は最悪です。』

という内容でした。

14日の日経平均の水準を具体的な株価を当てはめて見ていきますと、最初に確認しておきたいのは、例の「中国発、世界同時株安」時点の最安値は3月5日のザラバ安値16533円です。

この日の終値が16642円で直近の引け安値となっています。
14日のザラバ安値は、16628円と5日のザラバ安値にはまだ糊代はあるものの大変危険な水域に入ってきました。

終値は、16676円と5日の終値を上回ってはいますが、これまた糊代が少ない水準まできています。

最近の当ブログで言及しているように、5日の安値を切ってくるようですと最悪です。

中・長期の調整トレンドに入ってしまいます。

ここは、ニューヨークに頑張ってもらうしかありません。

日経平均は、ここから一気に盛り返して12日のザラバ高値17325円を抜いてくることを期待しましょう!

---------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

長期チャートのチェックで大きな流れを掴もう!

相場に注目して売買を繰り返していると、どうしても目先の値動きに気持ちを奪われてしまうのは仕方のない事ですよね。

でも、大きな相場の流れを無視して取引に臨んでも好パフォーマンスを上げることはできないと思います・・・。

大きな相場の流れというのは、当然月足チャートを見ると一目瞭然で、今どちらの方向に相場が動いているかが一目で分かります。

下の10年間のチャートを見てください。

http://tinyurl.com/bnokr


このチャートは「ヤフー・ファイナンス」の月足チャートですが、こうして眺めて見ますと案外株価のながれというのは大きな波動で動いていることがお分かり頂けるとおもいます。

この月足チャートを見れば、一度方向が決まると最低でも1年、
長いときは3年以上、同じ方向へと動くということが確認できます。

例えば、2000年から2003年にこの流れに逆らって買いつづけたらどうなるか?
細かく週足や日足で見れば下げの中でリバウウンドを繰り返しながら下がりますので、リバウンドを拾えば買いでも儲かるでしょうが、相当高度なテクニックが必要なのは理解できると思います。

それよりも、流れに逆らわずに売りで勝負した方は、買いの方よりも遥かに大きな利益を獲得できるでしょう。

このことに気がついて実践している投資家の方は、意外と少ないようです。

反対に2003年以降は、買い中心の売買戦略をたてるべきですね!

多分毎日の値動きに気を取られてしまい、ついチェックを忘れてしまうのだと思います。
時には長期チャートでロングの流れを確認しながら戦略をたてましょう。

「相場は相場に聞け」ですネ!

--------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

相場はここから値を保てるでしょうか?

東京証券取引所は、12日、日興コーディアルの上場維持を決定しました。

今後さらに相場の透明性が進展するかが問われます。
と同時に、この件で世界同時株安の東京市場の下げに拍車をかけたことの反省も忘れて欲しくないと思います!

一方、東京株式市場は、もう少しで先日の当ブログお話した17,500円近辺に手が届くところまでさしかかってきました。

ここから先は、リバウンドのやれやれ売り物が出てきても不思議ではない水準となります。

しかしながら、チャートを見ますと、朝方高寄りしたあと売られはするものの、前日よりプラスで引ける強さを見せていることも確かです。

この中身は、買い意欲が強く売り圧力はあるものの、下値はしっかり拾っておこうという投資家が多数いることを如実に物語っています。

この様なパターンは長期にジワリジワリ上昇して行く時に多く見られます。

とりあえず、ここからは、一旦売りがでて、押し目をつくることはあるでしょうが、上記のとおり、ジワリ上昇型で推移する可能性も大いにあることを念頭においての投資戦略をたててください。

ここから下げた場合を想定すると、可能性はゼロに近いですが、前の安値を下回ってきた場合は最悪です。

多少の押し目からの第二上昇波動入りで、日足の直近の高値を抜いてきたら完全陽転で中・長期の上昇相場の始まりと見て差し支えありません。

これらのポイントを読み違えずに、下降・上昇の売買ポイントを「分析表」を駆使してキャッチしてください。

ここからは、あなたの腕のみせどころです。

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。