株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

東京市場、今後が気になるところ!

4月2日の東京株式市場は3月29日のザラバ安値17036円をあっさりと割ってしまいました。

この大きな陰線が意味するものはなんでしょうか?

今後の相場を占う上で、2日の日経平均が完全陰転した分岐点は、17189円ではないかと思います。

前日比で言えば、約97円安を割り込んだ時点でした。

ザラバを監視しながら、どうかこの線を割り込まないでくれ、と願っていましたが、残念ながらその願いは通じなかったようです。

2日の相場は、17190円を割り込んでからは、一気に持ちこたえていたタガが外れてしまったかのように、あれよあれよという間に、先物安につられて値を下げました。

それでも、3月29日のザラバ安値17036円を割り込まなければまだ救われたのですが、そのデッドラインさえもあっさりと割り込んでしまいました。

エリオットでいう、下げの第3波に突入したことになります。

このようにお話すると、今後の、流れが気になる投資家のみなさんも多いのではないかと思いますが、まず良い方のシナリオから考えますと、今回の下げの第3波が終了した後、切り替えした段階で、3月30日のザラバ高値17381円を抜いてくることが出来るかが問題です。

その前提としては、日々の分析で短期指標が陽転して更に中期・長期の指標が陽転することが望ましいのですが果たしてどうなるでしょうか?

逆に最悪のシナリオは、今回の下げもしくは次回の下げで、3月14日の安値16629円を下回らないことです。

当然、下値抵抗線の16800円を下回らずに反騰すれば、3月30日のザラバ高値17381円に挑戦する足取りとなる可能性も大いにあります。

逆にここを切ってきますと、3月14日の安値を下回る可能性もあり最悪のパターン、つまり長期調整局面が現実味を帯びてきます。

今週の相場は、目を放せなくなりそうですね。

---------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

短期売買で儲ける!

株式投資の方法は、売買期間の長短で分類されます。
その中で、本日は短期売買についてお話します。

短期売買といっても、その運用の仕方によって様々な種類があり、その売買時間の長短によって分類できます。

近年の株式市場は、インターネット取引が大変盛んになり、個人による短期売買は、手数料の大幅安にともなって、更に盛んになってきています。

しかしながら反面、投資技術は非常に難しく、ほんの一部のスーパートレイダー以外は儲かっていないのが実情といるのではないでしょうか。

それは、短期売買の種類によって、裏付けとなる情報やツールの比重が変わってくることもあり、どれが自分の投資スタイルに合った情報ツールにするべきかの認識か間違っているからでしょう。

一般的に、1日で売買を成立させる売買手法を「デイトレイド」といいます。

その「デイトレ」のなかでも、数分でわずかな値幅を取る手法を「スカルピング」といい「デイトレイド」と並んで重要視しなければならない情報ツールは、何と言っても「板情報」です。

また、2日から数日で売買を成立させる手法で、「デイトレ」よりも多少長く、値幅も多くとりに行く売買手法を「短期スウィング・トレイド」といいます。

この方法は「テクニカル分析」を情報ツールとして使用した方が確実に儲かると思います。

さらにもう一つ、数週間を単位に売買する方法を「ポジション・トレイド」といいます。

この「ポジション・トレイド」は、「板情報」や「テクニカル分析」よりも「ファンダメンタルズ」に依存する比重が高くなります。

いずれにしても勝負は「売買のタイミング」です。この最も重要な、「売買のタイミング」は「テクニカル分析」で測らなければなりません。

それぞれの売買手法は各情報ツールに比重をつけ、上手く使い分けることが大切です。

これらを念頭に、皆さんも、短期売買を研究してみては如何ですか!

--------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株式市場と商品市況の深い関係!

株式市場にも大きな影響を与える商品市況では、私たちの生活や企業活動に必要な原材料・非鉄・金属・農産物など様々な商品の取引が行われて価格が日々決められています。

中でも私達の生活に直結する「原油相場」ですが、2001年末には1バーレル20ドル前後だった原油価格は2006年7月には75ドルに一瞬のせ、その結果、原油関連株は軒並み高騰しました。

反面、アメリカ株は、原油高騰で全体的には消費に与える影響が大きいと売られました。

金価格は1999年8月には、1トロイオンス252.5ドルだったものが2006年4月には710ドルを遥かに超えて高騰しました。

日本一の産金株、住友金属鉱山は215円が2007年3月12日には2445円まで買われました。

その他非鉄金属なども高騰していますが、それに準じて非鉄株も高騰しています。

このように、商品市況が株式市場に与える影響は大きいのです。

このようなところでも、株式市場が経済的与件(今回の例では商品市況)に大きく影響されることが理解できるといえます。

更に産油国は、原油高騰でかなり潤っています。
この潤沢なオイルマネーは、図式として回りまわって株式市場に入ってくる、ということになります。

これも、株式市場が最近まで活況を呈してきた一因となっています。

掘り出し物の銘柄を人に先んじて仕込むためには、常に商品市況に注意払っておく必要があるのかもしれませんね。

もし、商品市況が低迷しているようなら、反対に関連銘柄のカラ売りでも儲けることができるのでは?

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

有望銘柄は先見性のある主婦や女性に聞け!

今日は、投資顧問会社に勤務していた私の友人から聞いた話です。

ある会員の主婦の方が、自分がこれから買いたい銘柄について時々相談にみえたのだそうです。
その度ごとに、当時の彼らの(プロの)推奨銘柄とは、かけ離れた銘柄を言ってくるのです。

ところが、彼女が相談してくる銘柄の「ファンダメンタルズ」を調べて見ると、大体彼女が買いたいと言う理由に一致していて、将来的にも有望な銘柄を選択しているのには大変驚いたそうです。

彼女が株式投資で成功するのは、おそらく生活の中で今何が売れているとか、これから流行しそうな商品やサービスは何かを肌で感じることができるからではないでしょうか。

更に、主婦ばかりではなく女性全般に当てはまるのですが、流行に敏感で新しい物に対する興味は、一般的に男性よりも高いといえます。

売れているか、これから売れるかの判断は、むしろ男性よりも的確で先見性があるように思えてなりません。

そんな、彼女達から投資のヒントを得ることができれば、まだ、誰も気がついていないうちに将来性のある銘柄を、そっと仕込むことができます。

投資家の皆さんが、既婚男性なら奥さんに、未婚男性なら彼女に、今ではなくこれから人気の出そうな商品や、企業を聞いてみると掘り出し物があるかもしれませんよ!

あなたが女性なら、素直に自分が感じた商品を製造している企業の株を買うことで実績をあげることができます。

そういえば、どこの家庭でもお財布は奥さんが握っているのですから銘柄選択も正確になるのでしょうね。

これは、生活を肌で感じることのできる「第六感」「千里眼」をもった主婦の特権かもしれません。

-------------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

東京市場とNY市場の規模は?

あなたが株式相場で勝つための大前提とは!


株式投資で誰もが儲かるためには、「相場全体が上昇」しなければなりません。

どんな銘柄を買っても、またどんな銘柄を持っていても、上昇率は差異があっても、すべての銘柄が上がる状態です。

まず、大幅減益、倒産、上場廃止、天井買い、等々、不測の事態が無い限り本当に平凡な銘柄でも、全体の相場が上昇基調にある時はあがります。

それでは、「その条件」はなんでしょうか。

少し見方を変えてNYの市場規模を見てみますと、だいたい時価総額で4,000兆円です。

それでは、東京市場は幾らでしょうか。残念ながらとてもNYには足元にも及ばない、約十分の一の500兆円です。

もし、NYの投資家が、彼等の投資資産の一割を東京に振り向けたらどうなるでしょうか?

たった一割でもニュ−ヨークから東京の時価総額と同じ400兆円が流入してくることになるのです。
これは、大変なことです。

この様なことが起れば、少なくとも、東京は70〜80%株価が暴騰するでしょう。

投資家に人たちみんなが、含み益を抱えてお祭りになってしまいます。

逆に、現在の東京株式市場から外人が資金を引き上げたらどうでしょうか。
全く反対の状態がおきることになります。

世界同時株安をきっかけに、2月28日から3月27日の1ヶ月で外国証券経由の寄付き前注文状況は、買い越しだった日は2日だけです。

この思惑については次回に譲るとして、株式投資で、貴方が一番注意を払わなければいけないのは、外国人の動きを常にチェックしていく姿勢といえます。

具体的には「週単位での外国人投資家の買い越し額」「日々の外国証券の寄付前の注文状況」のチェック、更にきめ細かく分析するには、外国人の動向だけでなく東証全体の時価総額にも心を配ると良いとおもいます。

外国人その他の資金が、市場に流入してきているか逃げ出しているかの判定で、一番良いのは「日経平均」や「TOPIX」よりも、「日々の売買高概算で売買代金概算を除した指数」の増減変化のチェックかもしれません。


------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。