株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

株式と政治の関係!

東京株式市場の週明け相場は、参院選の前哨戦とも見られた統一地方選の前半戦で大きな波乱がなかったことで、今現在での政策変更はないものという判断と、米国の3月の雇用統計が事前の予想を上回ったことから米景気に対する警戒感が薄れ、円高が加速して1ドル=119円20銭から30銭と輸出関連株と主力銘柄への買い安心感が広がりました。

テクニカル面では、上値抵抗線、つまり3月12日高値と3月26日高値を結んだ延長線にほぼ接するところまで上げてきました。

ここから先もう一段、抵抗線破りの上昇トレンドを描くのか、それともトレンドライン内の波動で上昇するか、どっちにしろ目先のキーポイントに差し掛かってきたのは事実です。

ただ、押したところは、買いのスタンスを維持して構わないようです。

さて、本日はどうして選挙などの政治的なイベントがあると株価は大きく影響されるかを考えてみましょう。

お金は不自由や拘束されることが嫌いです。
例えば「政治的な不自由」「規制」「低金利」「税金」「リセッション」などは好きではありません。

どうしてでしょうか?それは、お金は本性を生かして自由に増殖したいからです。

また、増殖しても「不当に高い税金」などで利益を多くを持っていかれては間尺に合わないからです。

お金は、そんな場所からは、さっさと逃げ出してしまいます。
また、増殖しようと市場に参入してきた時、「あれはだめ」「これもだめ」「こうしなさい」という規制をかけられ、増殖を妨げられることは、最も嫌いなことなのです。

結論を言えば、時の政府の「政策がお金にとってリベラル」なのか、それとも「大きな規制をかけてくる政策」なのかで、株式市場へのお金の流入量が大きく変化するわけです。

「株は政策にあり!」。実はこのことは想像以上にとても大切なことなのです。

-------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

関連エントリー

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

相場は安く買って高く売る!

株式市場は「山あれば谷あり」と言われます。

単純に安い値で買って高い値で売る。
又は、高い値で売っておいて安い値で買い戻す。
簡単に言えば上か下かの確率50%なのに、なぜ儲からない方が多いのでしょうか。

株式投資家の中の多くの方が、永遠に抱える悩みです

冷静に考えてみれば当然なのですが、圧倒的に株式投資は「買い」で臨んでいる方が多いのです。

株は「山と谷」を繰り返す訳ですから、下げの波動の期間も買ったままただ下げるのを打つ手もなく見ていたり、中には買い向かったりする方もいるのです。

よく考えてみれば解ることですが、それでは必ず引かされることになります。

わかりきっていると言われても出来ないのが人間、「上げ始め」と「下げ始め」をきっちりと判定できる「テクニカル分析」の力がなければ利益を出すことは難しいということです。

さて、今後はどのように相場に対応すれば良いのでしょうか?

まず、3月26日のザラバ高値を、4月4日にクリアーでき、第一関門は通過しました。

これで、相場の下げ止まりは一見阻止できたかに見えますが、そこは、株式相場です。

できれば上値抵抗線(3月12日高値と3月26日高値を結んだ延長線)もクリアーしたいところです。

一応上昇トレンドは確認できてはいますが、先週末の押し目は絶好の買い場ともいえます。

この押し目で前の安値を下回ってこないことを願うばかりです。

できれば、上げ下げ両方で利益を出すために信用口座を持っておくことは重要です。

テクニカルで分析してカラ売りでも利益をだせるようになりましょう。

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


関連エントリー

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

株価チャートで上昇シグナルを掴む!

相場に勝つための普遍的な知識、今日は、日々の相場のコメントを離れ、普遍的な知識を話そうと思います。
相場の節目、節目で、応用できるはずです。

株価が大きく調整する場合には、チャートの形状には、案外「調整のシグナル」が表れるものです。

「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているのは一例です。

できればチャートをご覧になって確認してみてください。
全てではありませんが、その形状は、山がチャートの頂上付近に二つできる形をしています。

これと反対に、大きく調整をして底を打った銘柄はW型の底を形成します。人によってはΩ波と呼ぶ人もいます。

W底は一般的な呼び名ですが、Ω波を使う人は少ないようです。

形の上では、底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば下げ完了から反騰に移るパターンが多いのでチャーチストの間ではとても重宝な上昇シグナルととらえているようです。

しかし、100%底打ちシグナルかと申しますと、そこは株式、中々思い通りにはいかないものです。

W底ならぬトリプル底もあるからです。
そこに、先程のΩ波を使う方々が単にW底と言わない理由があります。

それは、彼等がΩ波と呼ぶ場合には、上げ約26日、下げ約26日、計約52日でΩ波が形成されて、底打ち完了と判定している点です。

つまり、相場が底打ちを完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がって来ることに加え、日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えていることです。
これは、とても大切なことです。

現在の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。

今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

関連エントリー

generated by 関連エントリーリストジェネレータ


株式投資

東京株式市場は上昇トレンドか?

4月4日の東京株式市場は、3日のNY株式市場のダウが128ドル高だったのを受けて、寄付きから150円以上高く寄りました。

また、為替が一時119円台に乗せ、新興中国・インド株等が上昇したことを受けて、一気に買い安心感が広がり最終的には300円高の大幅高でした。

昨日まで危惧していた最悪のシナリオは避けられただけでなく、
あっさりと3月26日の終値の17522円を上回って引けたばかりでなく、26日のザラバ高値17558円をザラバで一時抜いてきました。

これらを総合的に判断すると、指摘していた最悪のシナリオは全て撃破されたばかりでなく、もう一方の良いシナリオの抵抗ラインも全て撃破してきました。

さあこれでイケイケだ、と言いたいところですが、いかんせんスピードが速すぎます。

この流れを見れば、上昇トレンドに乗っていく過程は確認できました。

しかし、スピードが速い分だけ押し目をつくって更に上昇してもらうことが、投資家にとってはチャンスを見出せる流れといえます。

さて例によって、日足チャートをご覧ください。

3月12日高値と3月26日高値を結んだ直線が、上昇トレンドラインの上位線ですが、ここを破ってきたらいよいよ2月28日の下げの下マドを埋め、18000円への再度の挑戦という期待が高まってきます。

今後の動きが気になるところです。どうにかこの強さを持続して欲しいものです!

------------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

株式相場の先行きは!今日の終値がカギ!

4月3日の東京株式市場は、この日一日に関する限りは、最悪のシナリオとはならずに済んだようです。

昨日、指摘しました最悪のシナリオとは
『今回の下げもしくは次回の下げで、3月14日の安値16629円を下回らないことです。
当然、下値抵抗線の16800円どころを下回らずに反騰すれば、3月30日のザラバ高値17381円に挑戦する足取りとなる可能性も大いにあります。
逆にここを切ってきますと、3月14日の安値を下回る可能性もあり最悪のパターン、つまり長期調整局面が現実味を帯びてきます。』

という内容でした。

さて、3日の日足チャートを見て頂きますと、2日の大陰線が3日の小陽線を包み込むような形の「はらみ線」となっています。

ここで、この形が示現した直近を例にとってみますと、3月5日6日と3月14日15日の2回にみられます。

お手元に株価チャートのない方は、「ヤフー・ファイナンス」で確認してみてください。

確認しましたら、その2回がそれぞれ出現した後の相場の流れはどのようになっているか読み取ってみましょう!

そうです、はらみ線が示現した翌日は陰線を付けていますが、
大引けではそれぞれ2日前の大陰線を下回らずに引け、次の日は2回ともが、終値で大陰線の始値を抜く陽線でひけています。

そしてその後は、ご存知のように反騰する流れとなっています。

この例から察しますと、本日陰線から明日は陽線で2日の大陰線を抜けてくるという読みが成り立つことになるのではないでしょうか。

しかし、そこは魑魅魍魎な株式相場!そんな簡単に同じパターンになるのでしょうか?

テクニカルやチャーチストは上昇を決め込むことは、簡単でしょうが、今日(4日)にもし終値で2日の安値を下回って引けたら、前2回のパターンはもろくも崩れさるということになります。

まだ、今の時点では、相場の行方は、上か下か決定していなということです。

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。