株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

下げの最終局面では、出来高が異常に…!

株式投資をしていると、上がり続ける銘柄には注目しますが、
長期に調整している銘柄にはあまり注目されない方が多いのではないでしょうか!

もしそうなら、投資家の皆さんは大きなチャンスを逃していることになります。

注目したいのは、ここ一年以上の長期間調整を続けてきた振興市場の銘柄です。

このようにお話しますと、新興市場というだけで、いままで買えば下がる、買えば下がる、の繰り返しで大きな損失を負った投資家の皆さんも多いかもしれません。

確かに、まだまだ下がり続けいている銘柄も多いのも事実です。
しかし、ここへ来て、あちらこちらに、値を飛ばす銘柄が見受けられるようになってきました。

長期間、大きく調整してから再騰体勢を作リ、上昇エネルギーを蓄えている銘柄は意外と多いものです。

以前、東証一部の「ソフトバンク」の動きは、新興市場の動きに連動しているというお話をしたことがありますが、同系列の「ヤフー」も同様の動きをします。

それでも、ソフトバンクは一足早く中・長期のトレンドでは立ち直りを見せていますが「ヤフー」の連休前の動きは注目すべき点があるように思えます。

長期にゆっくりと値を下げる場合には、人気が離散しているため、徐々に下げの角度が緩慢になり、そこから鍋底横這いになり、少しづつ鎌首をもたげてくるパターンです。

すべてとは言いませんが、下げの最終局面では、出来高が異常に膨らみます。

誰もがそんなところを買うのには勇気がいると思いますが、投資家の皆さんが冷静にここを仕込むとができれば、大いに報われるはずです。

「人の行く裏に道あり花の山」ですね!

株にとってこの「長期休養」そが次のステップのエネルギーが蓄積されている証拠なのです。

-------------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

超短期投資分析表作成マニュアル

【関連エントリー】

- 株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 相場は相場に聞け?:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 東京市場のテクニカル的注目点! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 先物の動きで相場を勝利する!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 上昇トレンド中で上下しながら上がっています!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

株価急騰パターン

株式投資において急騰株を発掘し、上手く買えた時は表現のしようもないほど嬉しいものです。

株式投資を長年やっていると、投資した株が急騰して思わぬ利益を手にした方もおられるのではないでしょうか?

なぜ急騰したか、色々結果論的理由は出てきますが実際のところは分からないものです。

しかし、よくよく見てみると急騰する株にはパターンがあります・・・。

本日はそんな急騰を演じた銘柄の値動きから特徴を見つけ出し、
今後の投資家の皆さんの株式投資に役立ててほしい、そんなお話です。

今回は、一番ポプュラーな値動きを紹介します。

投資家の皆さんも、よく聞く形として「持ち合い」という株式用語はご知っている思います。

この持ち合いの典型的なのが「三角持ち合い」と呼ばれているものです。

これは、チャートで見たとき、三角のフラッグがはためいているように見えます。

他にも、「ボックス圏」で動いていてなかなかボックスの高値を抜けない場合がありますが、これも持ち合いの一つと考えられます。

この持ち合いの抵抗線を上に抜けた場合は、大きく株価の水準訂正に入り高騰します。

特徴的な例としては、短期日足での観測ですが、4519の中外製薬の昨年12月月中旬から本年の1月下旬の持ち合い(ボックス圏)からの上放れです。

こんなところを買えれば、もう投資は大成功、という感じですね。

持ち合い離れにつけ」ということです!

これも、株価が急騰する一つのパターンですので覚えておきましょう。

------------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

【関連エントリー】

- 株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 株式の真実!日経平均反落も株価バイアスに変化なし! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 急騰パターンを自分のものにしておこう!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

金相場と株式の関係

株と金相場の関係等はどんなものでしょう。

相場は最近高騰を続けています。

多少の振れはありますが高値追いが続き、ついに1トロイオンス$700に手が届くところまで来ました。

ずっと、数年来の新値を再三更新していましたが、その勢いは全く留まることを知らないようです。

現在、日本の現物市場では、過去に安く買ったを売って現金にして利益確保に走る動きが大きくなっているとか!少しもったいない気がするのは私だけでしょうか?

さて、何故、投機資金が市場に流れ込んでいるのでしょうか?そして株価への影響はどうでしょう・・・。

歴史的にが買われる時には、様々な局面があります。例えば;

(1)戦争による世界の政情不安による通貨からへのシフト
(2)に対する急激な需要の増大
(3)インフレヘッジのための金買い

などです。

最近の買いは(1)ではなく、(2)の新興国の「に対する急激な需要の増大」が原因で、供給不足気味のへの資金流入という側面が見られるように思われます。

プラスして、(3)将来に対する「インフレヘッジのための買い」の側面もあります。

投資家の皆さんが最近の相場で注意を払うべきことは、需給と長期金利の動向そして物価水準です。

双方とも上昇基調ですと当然インフレ懸念が台頭します。

これは中国人民元の変動制移行等とも深い関係があります。

ただ資本主義経済である以上、クリーピング・インフレーション(いわゆる緩やかなインフレ傾向)は、今まで日本経済が直面してきたデフレーションに比べれば遥かに健全です。

株式投資への対応ですが、の高騰とインフレは現実的に貨幣価値が下がる現象です。

世間が認める価値を有するという物を持っていることが有利となります。

ズバリ「株は買い」そう思いませんか。

---------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

【関連エントリー】

- 株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 相場はここから値を保てるでしょうか? :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 世界同時株安... もう次の相場は始まっています! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 先物の動きで相場を勝利する!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 相場の強さを再確認!16244円を抜ければ17000円へのスタート!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

中・長期で投資に臨めば、チャンスが広がる!

株式投資で最も重要なことは何でしょうか?

それは、どの時点で上昇トレンドとなり、どの時点で下降トレンドになるかというターニングポイントを正確に掴むことだと考えます。

最近の投資では、日経225先物やデイトレードが人気を集めていますが、年率で大幅にキャピタルゲインをあげているのは、中・長期投資でテクニカルとファンダメンタルズ分析を駆使して投資されている方々です。

日経225や個別銘柄のデイトレをされている方は、残念ながら大多数の方が儲かっていません。

これは、日々の値動きに翻弄されている、短期投資をしている投資家の皆さんが一番よくお分かりなはずです。

そのことは、株価のターニングポイントをしっかりと把握し、中・長期で投資に臨めば儲かるチャンスは遥かに広がることを意味しています。

では具体的に、株価の転換点を計るには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

個別の銘柄の業績を把握することは当然のことですが、加えて頭に入れておかなければならないのは、まず株価を押上げる又は下げる経済的与件を注意深く観察する必要があるということです。

具体的に注意を払わなければならないのは、金利、マネーサプライ、等の国内要因です。

物の価値(価格)はどのように決まるかは学習したと思いますが、結局は需要と供給によって決まるということです。

実は株価もお金が市場にどのくらい出回っているか?つまり、国内における通貨の供給量が多いのか少ないのかと、そのお金が株式市場に流れこんできているか否かで決まります。

国内要因だけではなく、一方で注意を払わなければいけないのは、外国からの資金の流入の状態です。

最近の株式市場では、国内要因より外国からの資金流入の方が株価に対して大きな影響を与えるようになっています。

したがいまして、外国人の売買動向も大切なチェック項目となります。

それらのことを踏まえて更に全体指標をテクニカルで分析していると、ターニングポイントを把握できます。

これによって、投資戦略を変えてゆくことができ、確率の高い投資ができるようになります。

これらのチェックを怠りなく、常に意識を集中させて下さい!

----------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

新興市場の下げ止まりか?

日経平均は24日、今週末に、重要な経済指標の発表や日銀金融政策決定会合を控え動きにくい環境に加え、前日のNY安も手伝って朝方から、90円安で寄付き一時150円近くまで下押す場面もありましたが、その後買い戻され結局3円60銭安で引けました。

この日、目立ったのは、先月22日ザラバ高値3190円をつけて以来、ほぼ一ヶ月間、一貫して下げ続けたソフトバンクの動きです。

ソフトバンクは一説によると、一部上場銘柄ではありますが、その性質上、新興市場の指標銘柄とか連動性が強いとか言われています。

実際によく観察して見ますと、その傾向は強いようです。

さて、24日のソフトバンクは、朝方安く寄り付いた後、前日付けた直近の安値2500円を若干下回る2495円まで下げました。

この時点では未だ下げ止まらずとの観測でしたが、その後反転攻勢に転じ大引けは130円高い、2650円の高値引けとなり、25日に繋げる動きの強さを見せました。

テクニカル分析の3本足で見ますと、3日前の寄付き2600円を実体で上回ってきました。

また、上髭の2650円は面合わせ、4日前の終値2630円も実体でクリアーしました。

これらのことから、新値3本足が陽転しました。テクニカル的に見れば新値3本足が陽転し、目先底値圏の大陽線は、底打ちシグナルとして重要な指標であることに間違いはありませんが、大幅高ゆえに一旦売りが出てもおかしくはないですね。

そういうふうに警戒していると、取り付く余裕もないまま上がっていってしまう場合もあるので気をつけなければなりません。
しかし、押せばチャンス、上昇もチャンスと考えることも良いでしょう。

それよりも、ライブドア事件以来、下げ続けてきた新興市場の下げ止まりのきっかけとなるのか、そちらの方が気になる投資家のみなさんが多いのではないでしょうか!

24日の新興市場は、確かに主力銘柄で大幅高を演じる銘柄も多く見られました。

--------------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。