株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

日記

急激な円高を心配するむきもあるが、その度に強くなる日本経済!

円高が急激に進んでいます。アメリカの雇用統計が予想以上に悪かったため、金利引き上げ打ち止めが早まるとの思惑から、NYの株価は大きく買われ、為替は急激な円高に振れました。

この円高を心配して、経団連の奥田会長は1$110円を超えてくると日本経済への影響が顕著になるとのコメントを発表しました。

元トヨタ自動車の会長の言だけに、各方面に与える影響は大きいと言えないこともありませんが、果たして・・・。

つい最近といっても1年数ヶ月前の為替の水準を貴方は覚えていますか?

もう、過去のこととはいえ、1$105円以上していたことを思えば、糊しろはまだありなのでは?

確かに円安ならば、努力なしに輸出競争には勝てる日本ですが、実は、円高局面で株価が大きく調整したことは、過去にはあまりありません。むしろ、株価は上げているのです。

このことは、一見理屈に合わないように思えますが、円高が急激に進行した数日は敬意を表して調整したりもしますが、その後は円高をあてこんだ外資が株を買ってくるので元にすぐ戻すどころか、株価は更に高くなることの方が多いのです。

このことを知っているだけでも投資スタンスは変わってくる筈です。

株式投資は、常に表にあらわれる現象とその裏に隠されている現象とを冷静に判断して対応することが大切です。

参考までに、プラザ合意後の1995年4月19日、1ドル=79円75銭の史上最高値をつけたこともあります。

この時、株価は日経平均で30000円以上していました。

「人とは反対のことを考える人」に分があるのが株式の世界です。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る
---------------------------

あなたの投資効率を格段にアップさせる方法があります。
その方法を知りたい人はいませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル


日記

連休明けは国際優良株中心に堅調に推移か!

5月2日の東京市場はキヤノンが9000円に乗せ上場来高値を更新しましたが、物色の流れが国際優良株のホンダ、トヨタ、ブリヂストン、ファナック、ソニー、リコーといった主力株に向かい軒並み堅調な動きをみせていました。

連休明けの市場も、NYの強さをうけて高く始まる可能性が予測できます。

更に、シカゴ日経225は17340円で大証日経先物より220円高く引けておりますのでここはむしろ寄り付きが大幅高で始まるようであれば高値飛びつき買いには十分注意して望みましょう。

さて毎週月曜日は、超短期投資分析のシュミレーションをご紹介しています。

今週は、前回の2銘柄のその後の推移と今後の動きを分析グラフから判定するテクニックを、前回のグラフと比較しながら説明を施しました。

一見に値する内容となっております。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る


★今週のシュミレーションはこれだ!
  ↓↓
http://tinyurl.com/g3p4a

★使ったソフトは。。。
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

日記

ニューヨーク波乱なければ、連休明けは堅調に推移か!

FRB議長のバーナンキ氏が、先日の議会証言で金利引き上げ打ち止めを示唆したことを、あんに否定する発言をしたことで、円高が一服。

これを受けて、連休の谷間とはいえ5月2日の日経平均ベースで228円高は一抹の懸念を振り払う強さとなっています。

完全に下振れ不安が払拭された訳ではありませんが、一応胸をなぜおろす上げではありました。

反面、落ち着いているとはいえ、今後の為替、金利の動きには注意を払う必要はあります。

このように、経済的与件が変化する時期は、一応その方向性を織り込むまでは波乱含みの流れになることも考慮して臨みましょう。

今後の展開として例年5月は調整局面が多いこと、反面、振興市場は新規設定が少ないことから投資資金が既上場の銘柄に向かうため、堅調に推移することが多いことがあげられますが、今のところその兆候は見えておりません。

チャンスを捉えるためにも、今後の動きには注意しておきましょう。

ただ、IPO(大塚製薬、その他)の詐欺事件もありこの問題に市場がどのように反応するかも注意する必要があります。

いずれにしても、連休中にNY市場に大きな変化がなく堅調に推移すれば、チャート上では2日の228円高で4月27日寄り付きの17118円を上回って引けてきていますので、下振れ懸念はあるものの、期待が持てる動きとなってきました。

今後の流れを早めにキャッチして、利益に結びつけていきましょう。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る


--------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?

買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

いちかばちかでは勝てませんよ!
   ↓↓
稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

【稼ぐ投資家】になりたいですか?
   ↓↓
ゼロから始める稼ぐ株式投資家養成講座

日記

■自分に適した投資法を身につけることが「勝利の第一歩」!

わたしの友人は、一回の投資で大きな値幅を取れるであろう銘柄に分散して、比較的長期に持続する方法で株式投資しています。

昨年は、その方法で手持ちの投資資金を6倍に増やしました。

一方、もう一人の知人は、目先の動きの良い銘柄に自己資金を集中して投資し、短期の売買に徹して薄利ではありますが回転商いで、やはり同じパフォーマンスを得ています。

この結果を聞いて貴方はどう思われるでしょうか?

まず、ご自分の投資法と比較されるでしょうが、儲かっていらっしゃる方はともかく、あまり良い投資成績の出ていない方はご自分の投資スタイルと何処が違うのだろうとその真髄を知りたくなるのは人情でしょう。

中には、それほど自分の投資法と変わらないのに、どうしてこんなに差がでるのだろうか?
と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、投資スタイルを確率する上で大切なチェックポイントについて言及しておきたいと思います。
貴方の儲かる投資法(投資スタイル)の確立にお役に立てれば幸いです。

わたしの知人の彼等も、実は最初から儲けることが出来たわけではありません。
実はわたしが書いたあるレポートを参考にして彼等なりに自分に合う投資法を創り上げて行ったと言うのが本当のところです。

その、レポートの内容を概略説明しておきますので、参考にしてください。

「自分に合った投資法を確立するためには!」次の3つの点に注意して戦略をたてます。

1.資金の使い方

投資資金には人それぞれ「投資(資金)枠」があります。
この資金をどの様に投資銘柄に配分して行くかが大切です。

1銘柄に集中すれば・・・ハイリスク、当たれば大きい利益
多数の銘柄に分散すれば・・・ローリスク、損益の平均的利益

2.銘柄選定

銘柄の選定はとても大切なことですが、どのような銘柄を選定したら良いのでしょうか?

銘柄の分類には、色々な分け方がありますが、ここでは、値動きの幅について分類しています。
オプションの経験がある方はご存知でしょうが株式投資では、変動幅の大小を「ボラティリティー」の大小という表現であらわします。

「ボラティリティー」の大きい銘柄・・・ハイリスク、投機的
「ボラティリティー」の小さい銘柄・・・ローリスク、安定的

3.投資期間

投資の期間を選択する場合、貴方はどのような基準で選びますか?
少し誤解されている面は、長期に株を持つと言うことは、何が起るか解りませんので「リスキー」なのです。

短期投資・・・ローリスク・薄利
長期投資・・・ハイリスク・大きな利益の可能性

そこで、貴方は上記の項目をご自分の実力や性格に合わせて一番適した組合せにアレンジして、利益を取れる方法に創り上げていけば良いのです。

例えば、上記のわたしの知人のような方法もあるでしょうし、また、例えば「投資資金を色々な銘柄に分散し、ボラティリティーの大きい銘柄に、短期投資する」などリスクとリターンを上手く組合せてご自分の投資法を確立させてください。

その上で一番大切なことは「売買タイミング」です。
どんな投資法でもタイミングを間違えたら儲かりません。

この研究も怠りなく!

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る


-----------------------

売買タイミングを判断できる方法があります。
そのテクを知りたい人はいませんか?
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

日記

急激な円高をてこに、投機資金が売り込んだところは冷静に対応を!

ここへきて、急激な円高が進んでいます。昨日の東京市場では113円前半まで買われ、ニューヨークでは112円台にはいっています。

この急激な円高に対して、懸念を持っている方がいらっしゃると推察いたしますが、今回の円高の原因と対応策について言及してみたいと思います。

アメリカの経済政策は、かねてから心配されていた不動産バブルを如何にソフトランディングさせるかでした。

そこで、前FRB議長のグリーンスパン氏は海外のアメリカ企業の利益を減税政策でアメリカ国内に還流させ国内景気を刺激させる一方、不動産に対する投機的な資金を引き締めるために、金利を徐々に上げてきました。

更に今年から、その政策を引き継いだ、新FRB議長のバーナンキ氏はグリーンスパン氏の政策を先月まで引き継いでいましたが、先日の議会証言で、そろそろ金利引き上げの打ち止めを示唆しました。

この発言をきっかけに、いままで、金利の高いアメルカへ資金が流れ込んでいたことでドルが買われ、円が売られて円安傾向が定着していたわけですが、この発言を先取りする形で投機資金が円買いを仕掛けてきています。

ここで、心配なのは、株式市場ですが、ここぞとばかり投機資金が先物主導で輸出・ハイテク関連株を売り込んでくることが様予想されます。

ソニーは確かに減益ですが、これほど急激に売り込まれることもないはずです。
それでも、仕掛けるにはもってこいの主力銘柄です。

ここが、大切なところです。
彼らのやり方は狼狽売りを誘い、安く買い叩いて買いあがることを念頭において対処しましょう。

彼らを利用することこそ勝利への近道です。

ド素人でもできる!稼ぐ儲ける株式投資mainに戻る

----------------------------

仕掛ける銘柄が決まったら・・・
これを使えば稼げます。。。
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

こんな分析シュミレーションが
あっという間に完成します。
  ↓↓
http://tinyurl.com/k5k7m

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。