株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

株式相場の先行きは!今日の終値がカギ!

4月3日の東京株式市場は、この日一日に関する限りは、最悪のシナリオとはならずに済んだようです。

昨日、指摘しました最悪のシナリオとは
『今回の下げもしくは次回の下げで、3月14日の安値16629円を下回らないことです。
当然、下値抵抗線の16800円どころを下回らずに反騰すれば、3月30日のザラバ高値17381円に挑戦する足取りとなる可能性も大いにあります。
逆にここを切ってきますと、3月14日の安値を下回る可能性もあり最悪のパターン、つまり長期調整局面が現実味を帯びてきます。』

という内容でした。

さて、3日の日足チャートを見て頂きますと、2日の大陰線が3日の小陽線を包み込むような形の「はらみ線」となっています。

ここで、この形が示現した直近を例にとってみますと、3月5日6日と3月14日15日の2回にみられます。

お手元に株価チャートのない方は、「ヤフー・ファイナンス」で確認してみてください。

確認しましたら、その2回がそれぞれ出現した後の相場の流れはどのようになっているか読み取ってみましょう!

そうです、はらみ線が示現した翌日は陰線を付けていますが、
大引けではそれぞれ2日前の大陰線を下回らずに引け、次の日は2回ともが、終値で大陰線の始値を抜く陽線でひけています。

そしてその後は、ご存知のように反騰する流れとなっています。

この例から察しますと、本日陰線から明日は陽線で2日の大陰線を抜けてくるという読みが成り立つことになるのではないでしょうか。

しかし、そこは魑魅魍魎な株式相場!そんな簡単に同じパターンになるのでしょうか?

テクニカルやチャーチストは上昇を決め込むことは、簡単でしょうが、今日(4日)にもし終値で2日の安値を下回って引けたら、前2回のパターンはもろくも崩れさるということになります。

まだ、今の時点では、相場の行方は、上か下か決定していなということです。

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。