株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

株式市場と商品市況の深い関係!

株式市場にも大きな影響を与える商品市況では、私たちの生活や企業活動に必要な原材料・非鉄・金属・農産物など様々な商品の取引が行われて価格が日々決められています。

中でも私達の生活に直結する「原油相場」ですが、2001年末には1バーレル20ドル前後だった原油価格は2006年7月には75ドルに一瞬のせ、その結果、原油関連株は軒並み高騰しました。

反面、アメリカ株は、原油高騰で全体的には消費に与える影響が大きいと売られました。

金価格は1999年8月には、1トロイオンス252.5ドルだったものが2006年4月には710ドルを遥かに超えて高騰しました。

日本一の産金株、住友金属鉱山は215円が2007年3月12日には2445円まで買われました。

その他非鉄金属なども高騰していますが、それに準じて非鉄株も高騰しています。

このように、商品市況が株式市場に与える影響は大きいのです。

このようなところでも、株式市場が経済的与件(今回の例では商品市況)に大きく影響されることが理解できるといえます。

更に産油国は、原油高騰でかなり潤っています。
この潤沢なオイルマネーは、図式として回りまわって株式市場に入ってくる、ということになります。

これも、株式市場が最近まで活況を呈してきた一因となっています。

掘り出し物の銘柄を人に先んじて仕込むためには、常に商品市況に注意払っておく必要があるのかもしれませんね。

もし、商品市況が低迷しているようなら、反対に関連銘柄のカラ売りでも儲けることができるのでは?

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。