株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

ニューヨークの大幅下落が気になります!

13日のニューヨーク株式市場は、サブプライムローン(信用度の低い個人向け住宅ローン)の焦げ付き懸念が広がり、ニューヨークダウは242.66ドル安の大幅下落となりました。

これを受けて始まった東京株式市場は、朝方の寄付きから242円安で寄り付いた後は、売り気配銘柄が寄付き始めると一気に値を下げ、その後も終始一貫下げ続ける流れとなりました。

日本時間の11時から始まる、中国市場に期待したものの、こちらもニューヨークの大幅下落をうけて弱含みで推移したため、後場に入っても下値を拾う動きは見られず、ジリジリと値を下げる悪い流れとなってしまいました。

さてここで、一昨日までの当ブログの相場予想を読み直して下さい。

『ここからは、一旦売りがでて、押し目をつくっても不思議ではありませんが、前述のパターンのジワリ上昇型で推移する可能性も大いにあることを念頭においての投資戦略をたててください。
ここから下げた場合には、前の安値を下回ってきた時は最悪です。』

という内容でした。

14日の日経平均の水準を具体的な株価を当てはめて見ていきますと、最初に確認しておきたいのは、例の「中国発、世界同時株安」時点の最安値は3月5日のザラバ安値16533円です。

この日の終値が16642円で直近の引け安値となっています。
14日のザラバ安値は、16628円と5日のザラバ安値にはまだ糊代はあるものの大変危険な水域に入ってきました。

終値は、16676円と5日の終値を上回ってはいますが、これまた糊代が少ない水準まできています。

最近の当ブログで言及しているように、5日の安値を切ってくるようですと最悪です。

中・長期の調整トレンドに入ってしまいます。

ここは、ニューヨークに頑張ってもらうしかありません。

日経平均は、ここから一気に盛り返して12日のザラバ高値17325円を抜いてくることを期待しましょう!

---------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る



この記事へのコメント
こんにちは。はじめまして。

ネットサーフィンしていたら漂着しました(笑)。


とても参考になる記事を書いて下さっているので、勉強になります。むしろ今まで知らなかったのが残念です。

これから、過去記事をコツコツと読んでいこうと思います。

NIGO
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ドル円はしばらく
 昨日は押し目買いからダウ工業30種平均が前日比57ドル44セント高と反発。為替市場ではクロス円の下
ブログ名為替クン


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。