株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

東京市場のテクニカル的注目点!

東京株式市場は、昨日(4月19日)の日経平均で一時400円を大きく下回る水準まで下げ心配した投資家の皆さんもいたのではないでしょうか?

東京株式市場の作日の相場は、中国のGDPが好調との予測から、更なる金利の引き上げの可能性を先取りする形で中国の株式市場が大幅に値を下げたことから、ニューヨークの堅調な動きには反応せずに、大幅安水準からは戻したものの、結局295円安で引けました。

テクニカル面で特筆すべき注目点は、3月16日ザラバ安値16644円と4月2日ザラバ安値の16999円を結ぶショートレンジの下値支持線を下回ってきたことです。

これは大変なことだと思われる投資家の方がどのくらいいるのかは分かりませんが、実は、ロングレンジの変動幅内の動きであると考えるチャーチストの方もいるのではないですか?

それでは、もう少し深く見ていきましょう!

例によって日足のチャートを紐解いてみますと、前述したロングレンジの変動幅とは、昨年11月26日のザラバ安値15616円と、3月5日ザラバ安値16533円を結んだ線が、ロングの下値支持線、上値抵抗線は、昨年10月24日の高値16902円と今年2月26日18300円を結んだ延長線ということになります。

ですから、このレンジで中・長期投資を実践していた方は、当然まだ糊しろのある水準が19日の日経平均ということになります。

目安としては、約17,000円を切ってくるとこのトレンドが大きく変動し、長期の調整局面を迎えることになります。

中・長期的に見れば、上記ロングレンジの間にあるうちは、まだ、長期の上昇トレンドにのっているのですが、一つ心配なのは、好材料に反応しなくなってきていることです。

また、ニューヨークよりやはり貿易量が増えた中国の市場の動きに、あの世界同時株安から呼応するようになってきたことも、
これから投資するうえで見逃せなくなってきていますね。

--------------------------------
主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

【関連エントリー】

- 株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 今週は米国重要指標の発表に注目!東京市場への影響は?:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 「株で儲かる条件」!の探し方:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 日銀金融政策決定会合であく抜けか?:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 一気に新高値取りに突き進むか!ここから深押しは禁物! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

generated by 関連エントリーリストジェネレータ


株式投資

投機資金を利用することを考えよう!

投機資金、これを意識して投資したことはありますか?
本日は、この投機資金について少し考えてみたいと思います。

株式市場には不条理の部分が多々存在します。

しかしながら、あれも相場、これも相場で片付けられることが常です。

つい最近、中国市場に端を発した世界同時株安は、投機資金の意図的な動きと思うのは投資家の皆さんの内どれ位の割合でしょうか?

現在の投機資金は、資本市場を遥かにしのぐ額が世界中の市場に潜伏しています。

この膨大な投機資金は、時には私たちの思惑とは全く異なった動きをします。

投機資金の動きは、時には暴力的に見えますが、実はとても合理的で確固とした裏づけを持った行動をしています。

最近では、原油や素材価格の高騰、少し古い話では、世界通貨危機(イギリスポンド、インドネシアルピア、タイバーツ、韓国ウォン、ロシアルーブル等々の大幅下落)を引き起こしたのもこの投機資金です。

しかし、先ほども申し上げましたように一見暴力的に見える投機資金ですが、原油の高騰にしても、イランの原発問題と中国などの新興国の需要増大、通貨危機にしても各国の経済力・国力とのアンバランスが裏づけとしてあったわけです。

東京株式市場に目を転じてみれば、個人投資家を中心に信用買い残が歴史的に膨れ上がっていることは、株式市場のウイークポイントで、投機資金につけいる隙を与えていることに他なりません。

このような状態の時には、市場を操作し易くなります。
それが最近では世界同時株安だったことを思い出してください。

投機資金の動きは、ある程度注意はしていて解ってはいても、
いつもやられてしまう方も多いと思います。

彼らの上手さには舌を巻いてしまいます。

昨日、再度下降して前回の下値を切ったら要注意と指摘しておきましたが、各種テクニカルでは、陽転サインが出現してきています。

多くの個別銘柄が下値を切ってきたことで2極文化の調整が長引くと認識する反面、テクニカルの好転を利用して、投機資金の先物買いが、力ずくで大幅高を演出することも頭に入れておいたほうが良いかも知れませんね。

-------------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

【関連エントリー】

- 急激な円高をてこに、投機資金が売り込んだところは冷静に対応を! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 今回の下げが終わったら大相場!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 今週もガンガンいきましょう!長期金利の上昇が顕著!今後の動きには要注意! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 外人が好む銘柄を貴方の買い候補銘柄にスクリーニングしておこう!:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- ■急騰銘柄のパターン研究 :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

株式持合い?日本企業の新たな動き

東京市場の17日の動きは、前日のニューヨーク市場の堅調な動きを引き継いで大幅高で寄り付きました。

しかし、戻り売り圧力に押され、値を消す銘柄が続出、結局マイナスに転じ100円安の17527円で引けました。

寄り付き段階で17750円を上回っていただけに残念な内容でしたが、表面的な値動きとは異なり、テクニカルでは堅実に階段を上がっている内容となっていることが確認されています。

最近の新興市場の低迷は、個人投資家の市場への参戦が思わしくないことを端的に物語っています。

高水準の信用買い残が、上値の重石となっ新興株中心に売られ、
現物株指数の足を引っ張っているという形です。

このような相場展開では、株価はどうしても一進一退を繰り返しながら、上値のシコリを解消していかざるを得ません。

ある程度、株価の調整は済んでいますが、日柄の調整に時間がかかっているところです。

今後のパターンとして最良のものは、テクニカル指標が陽転中に一度上値抵抗線を抜いておくことです。

一方、先日指摘しておきました狭いレンジでの上下ではなく、
比較的中期の広い幅のレンジ動きのも着目しておくべきでしょう。

そこで、出来る限り狭いレンジの抵抗線を抜けた後、一旦目先調整を経て再度上値にトライしていくことを期待したいところです。

当然、目先調整した時点で17000円を割らないことが大切です。

さて、世界的な鉄鋼業界再編の動きを受け、鉄鋼株が物色されていますが、更に注目すべきは、世界規模で起こりつつあるTOBやM&Aの対抗策として、体力が完全に回復した金融機関との連携(過去の株式持合いを含めた)を模索する日本企業の動きが活発化し始めていることです。

金融機関も体力を維持するために持ち合い株を売り続けてきましたが、ここへきて再度企業との連携強化に動きつつあり、株式の保有比率を引き上げていくと考えられ、市場の下支え要因になりそうです。

----------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

【関連エントリー】

- 株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 今週は米国重要指標の発表に注目!東京市場への影響は?:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 「株で儲かる条件」!の探し方:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 日銀金融政策決定会合であく抜けか?:株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

- 一気に新高値取りに突き進むか!ここから深押しは禁物! :株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。

generated by 関連エントリーリストジェネレータ

株式投資

相場は相場に聞け?

日経平均は、思い起こせば4年前の4月7,603円の大底から
本年2月26日の高値18300円まで10000円以上も上がりました。

日経平均だけを見ても、当時のことを考えると、この水準を買うのは恐ろしくなってきますが、逆にバブルの絶頂期のことを考えたら「まだまだ買える」とも考えてしまいますから人間の感覚というものはよい意味で「ファジー」というか、反対にいいかげんというか、ある種恐ろしさを感じます。

相場は相場に聞けと言われますが、実際にここから更に買い上がっていいものか、それとも小休止して安くなったところを買った方が良いのか悩まれていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、このような時に買って儲かる銘柄を探す技をもっていたらどんなに心強いことでしょう。

そんなものあるわけないだろう、と思うのは尚早です。
中・長期のトレンドが陰転していない限り必ず循環物色は続きます。

以前当ブログでもお話ししましたが、新日鉄とトヨタに代わって
ソニーの台頭が著しくなっております。

この三つの銘柄の今後の軌跡をたどって見いくと、見事に明暗がはっきりと現れてくることが理解できる筈です。

それでは、新日鉄やトヨタはすでに役割を終えたと言えるのでしょうか?実はそうとも言えないのが相場です。

いつも、言うことですが、「人の行く裏に道あり花の山」です。

常に先回りをし、多くの人が「お花見」でうかれている時、投資家の皆さんは、「田植え」の準備をしていればよいのです。

人より先んじる「投資法」を研究してみてください。

今の利益の倍以上は獲れるようになります。

儲かってない人は、必ず儲かるようになります。
がんばりましょう!

-----------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
↓↓
汎用株価分析ソフト『株ぞう』

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

上昇トレンド中で上下しながら上がっています!

東京市場の先週末の相場は、先物主導で売られ1400を超える銘柄がマイナスで引けました。

特に、週末の取引では、ワシントンで開かれていた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の声明でアメリカの不動産バブルの崩壊による、先行きの景気への悪影響と、堅調に景気が推移しているEC通貨ユーロに対しての円安懸念、の声明が盛り込まれるのではないかという不透明感が更なる売りに繋がってしまいましたね。

土曜日に発表されたG7声明では、上記の懸念材料には触れず、
世界経済はリスクが残るが、過去30年で最も力強く拡大している、という議長声明を採択して閉会し、世界経済に対して楽観的な見方を示した結果となりました。

投資家の皆様は、「東京市場はこれからどうなるの?」と心配なのではないでしょうか!

そこで、若干不安材料はあるものの、上記のファンダメンタルズは素直に受け入れるとして、テクニカルの面で予測をしてみたいと思います。

チャートを毎日みている方は、もうお解かりの方もいらっしゃると思いますが、主力銘柄が今までの新日鉄・トヨタと、ここのところ入れ替わってソニーが台頭してきていることに注目されていらっしゃると思います。

そこで、相場全体の動きの中で、注目しておかなければならないのは、ゆったりとした右肩上がりのトレンドの中で上下しながら上がっているということです。

3月12日の高値と3月26日の高値を結んだ延長線を上値抵抗線に、3月16日安値と4月2日安値を結んだ延長線を下値支持線としてこの間を上下しながら上昇しています。
この流れを相場に応用すると良いと思います。

できればこの下値支持線を割らない流れで循環物色が継続することを願いたいですね!

----------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。