株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

投資家心理!順調な時ほど注意が必要

22日の東京株式市場は、NY・中国共に堅調な相場展開に加え、寄付き前の外資系証券会社経由の注文状況が、久しぶりに買い越しとなったのを受けて前日比220円の大幅高で寄付きました。

終始一貫高値圏で推移し、一時300円を超える場面もありました。

結局、日経平均ベースで256円高の17419円で引けています。

22日の当ブログでは、マドを空けて上昇した日経平均について
強力な買いサインかと指摘しておきましたが、22日の相場でも2日連続のマド空けとなりました。

23日にもマドを空けた場合は、少し注意しなければならないことになります。

3日連続でマドを空けますと「三空」となり、逆に強力な目先天井を意味します。

そうとうに急ピッチで戻してきた相場ですので、長期に上昇してもらうためにも、多少の調整を入れて一服したほうが上昇の形は良くなります。

ここ最近の、多くの投資家の行動を見てみますと、今回に限っては、暴落時に待ってましたとばかり、バーゲンセールを拾っていたのは、我が日本の個人投資家でした。

これは、とても嬉しいことです。
また、世界同時株安に歯止めをかけたのも日本の個人投資家と誇れます。

しかしながら、他方で乗り遅れた投資家の方も見受けられます。
この乗り遅れた投資家の方々は、買えなかったリスクで焦りを感じこの高いところを飛び乗ってしまうのではないかと心配です。

ここは、押し目を待って冷静にタイミングを計ることが大切です。

くれぐれも、飛び乗り厳禁です!

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る



株式投資

強烈な買いサインか!

日経平均の20日の動きは強烈な買いを示現しました。

14日に243円のマドを空けて2番底を探りにいった日経平均でしたが、20日の値動きは、反対に上マドをあけて14日のマドを埋めました。

ただ、終値ベースでは、実体では完全にマドを埋めてはいませんが、上髭で十分マド埋め完了です。

今後は、12日のザラバ高値17325円を抜けてくることが完全上昇トレンド入りの証になります。


さて、2月までの上昇相場でも、以下のような悩みを持っている方はいませんか?

『いままで、一時的な大幅調整はあったが、平均すれば一貫して上昇してきた相場なのに、全然儲かっていない。
特に、主力の銘柄を主体に買っていれば良かったのに、値動きの良さに誘われて、新興市場を手がけて真綿で首を絞められるように、一貫して下げ続け、今では買値の三分の一になってしまった。』

多くの投資家が陥りやすい失敗を誘う「ブラックホール」は、いたるところに穴を開けて、投資家の皆さんを待ち受けています!注意してことに臨みたいものです。

株式投資で利益を上手く上げられない、という方は、たいてい自分独自の希望的観測で株を売買しているとか、ネット上にあるただの情報に翻弄されていたか、ということが多いようで・・・。

皆さんも今後の相場の流れに上手く乗って儲けられると良いですね!

---------------------------
主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

東京株式市場、いよいよ正念場!

東京株式市場の週明けの状況は、日経平均で265.40円高の大幅高で第一関門通過です。

19日の日経平均の動きを詳細に見てみますと、朝方寄付き一番では30.16円安で寄付き月曜日とはいえ、少々不安な相場展開でしたが、徐々に上値を取る展開からアジア市場の大幅高も好感され、後場は、200円高を挟んで推移し大引けにかけては一段高で引けました。

19日の注目は何といっても、14日の大幅下落後の高値16942円を実体で抜いてきたことです。

14日以後の日経平均のザラバ高値は、15日のザラバ高値16942円でした。

19日の日経平均はその15日の高値を終値で抜いてきたことに大きな意味があります。

チャートの形は、ほぼ包み陽線で前3日分を19日の1日分でクリアーしたことになります。
これはチャーチストからすれば強烈な買い陽線ということです。

ところで、14日に500円以上の大幅安を演じた際に、217円ほどの下マドを空けています。

前回の3月5日の世界同時株安の際も、大きな下マドを空けましたがこの時は、12日のリバウンドの過程でマド埋めを完了しています。
今回、14日のマド埋めを実現しますと、前回のマド埋めとは意味が異なってきます。

このことは、今回の反騰は5日のザラバ安値16533円を下回らずに上昇を始めたということです。

マド埋め完了後、更に、前回リバウウンド(12日)の高値17325円を実体で抜いてくることで、今回の世界同時株安の後遺症から完全に脱却できたという証になるのではないでしょうか。

またもう一つ、19日はもう一つ強気の分析がでています。

それは、超短期ですが、上値抵抗線を陽線の実体が抜いてきている点です。

このことも、今後の相場を占う上で特筆すべき点と強調しておきます。

さて、今後の相場、吉とでると良いですね!

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

「株で儲かる条件」!の探し方

「株で儲かる条件」!誰でもが捜してみたいと思います。

裏を返せば、もし条件が反対ならば「誰もが株で儲からない条件」を抽出できれば、儲かる条件が理解できることになります・・・。

株で誰もが儲かるためには、「相場全体が上昇」しなければなりません。

どんな銘柄を買っても、またどんな銘柄を持っていても、上昇率は差異があってもすべての銘柄が上がる状態です。

まず、大幅減益、倒産、上場廃止、天井買い、等々、不測の事態が無い限り本当に平凡な銘柄でも、全体の相場が上昇基調にある時は上がります。

それでは、「その条件」とはなんでしょうか。

そこでチョット見方を変えてNYの市場規模を見てみますと、
だいたい時価総額で4000兆円です。

それに対し、東京は幾らかと申しますと、残念ながらとてもNYには足元にも及ばない、約十分の一の500兆円です。

もし、ニューヨークの投資家が、彼等の投資資産の一割を東京に振り向けたらどうなるでしょうか?
たった一割でもニュ−ヨークから東京の時価総額と同じ400兆円が流入してくることになるのです。

これは、とても大変なことです。
この様なことが起れば、少なくとも、東京は70〜80%株価が暴騰するでしょう。

みんな含み益を抱えて大騒ぎになってしまいます。

逆に、現在の東京株式市場から外国人が資金を引き上げたらどうでしょうか、全く反対の状態がおきることになります。

株式投資で、投資家が一番注意を払わなければいけないのは、
外国人の動きを常にチェックしていく姿勢といえます。

具体的には「週単位での外国人投資家の買い越し額」「外国証券の寄付前の注文状況」のチェック、更にきめ細かく分析するには、外国人の動向だけでなく東証全体の時価総額にも心を配ると良いとおもいます。

外国人その他の資金が、市場に流入してきているか逃げ出しているかの判定で、一番良いのは「日経平均」や「TOPIX」よりも、「日々の売買高概算で売買代金概算を除した指数」の増減変化のチェックかもしれません。

皆さんも研究してみては如何ですか!

--------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

調整局面か?上昇シグナルを見逃すな!

一応歯止めがかかった株式市場!12日の17325円をクリアーできるか!それとも?

「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているように、
株価が大きく調整する場合には、チャートの形状に、案外「調整のシグナル」が表れるものです。

しかし、今回の調整局面では現れていません。

この形状が現れていないということは、相場はまだ上昇過程にあると理解しても良いのでしょうか!

これとは反対に、大きく調整をして底を打った場合はW型の底を形成します。人によってはΩ波と呼ぶ人もいます。

W底は一般的な呼び名ですが、Ω波を使う人は少ないようです。

形の上では、底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば下げ完了から反騰に移るパターンが多いのでチャートを重要視する投資家の間ではとても重宝な上昇シグナルととらえているようです。

しかし、100%底打ちシグナルかといえば、そこは株式、そう簡単ではありません。

W底ならぬトリプル底もあるのが現状です。

ここに、先程のΩ波を使う方々が単にW底と言わない理由があります。

それは、彼等がオーム波と呼ぶ場合には、上げ約26日、下げ約26日、計約52日でΩ波が形成されて、底打ち完了と判定している点です。

どういうことかといえば、相場が底打ちを完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がることに加え、日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えていることです。

これは、とても大切なことです。

ここ最近の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。

今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。