株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

安全保障の危機が一時的に払拭され円が買われる中、内需中心に買われる!

昨日北朝鮮の6カ国協議復帰について言及しましたが、北朝鮮核実験問題で安全保障の危惧のあった日本の円を売り、アメリカの中間選挙を支援する形でアメリカに流れ込んでいた資金が、これを契機に一旦止った格好で円高が進行しました。

これをうけて、1日の東京市場は、内需中心に買われ日経平均は小幅安にもかかわらず、TOPIXは5ポイント高と明暗をわけました。

とくに、みずほFGがニューヨーク株式市場に上場を予定していることが発表され、バブル崩壊後、不良債権処理に追われ、S&Pやムーディーズの格付けから不名誉な評価を受け、国際金融から撤退を余儀なくされていた邦銀も、ようやく再挑戦の足がかりを得るまでになりました。

一方、国内に目を転じて見ますと、9月末現在、投資で運用する投信の残高が10兆円を突破しました。当然、この投資資金が相場の下支えとなっています。

また、軽自動車の販売は10カ月連続で増加し、10月は1.2%増となりました。反面小型車は16ヶ月連続で減少しており、ガソリン価格の高騰の影響が出ているものと推測できます。

いつもは、相場についてミクロの話が多いのですが、本日はマクロで長期的なお話をしますと、11月7日の米中間選挙後の相場は、ニューヨークが新高値を抜けた後だけに、選挙直後は一旦調整傾向となるも、再度高値を取っていく可能性が大きいです。

それに、追随する形で日本株も上昇しますが、この時点での上げは、為替が現在とは反対に円高となるため、内需関連株に資金がシフトしていきます。

今後の流れの潮目を見間違わないようにしましょう!

-----------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る


株式投資

北朝鮮!6カ国協議復帰表明!相場は好感して買い先行か!

相場にとっては喉に痞えた骨なのか、はたまた目の上のタンコブなのか、
兎に角すっきりしない、常にネガティブな方向を考えておかなければならない北朝鮮の核問題ですが、問題解決の糸口となる6カ国協議に北朝鮮が復帰するという表明がなされました。

この北朝鮮、6カ国協議復帰がなぜこの時期に合意されたのか?
色々な意味でその背景が想像できます。

この時期の合意はアメリカ・北朝鮮にとって双方に何らかのメリットがなければ成立しない筈です。

現時点でアメリカは北朝鮮が望んでいる2カ国協議と金融制裁解除に応じる意図はないはずですし、表面的には、最低6カ国協議の枠内での2カ国協議と金融制裁問題の作業部会に応じる妥協案が考えられる程度です。

しかし、面子と実益を重視する北朝鮮が、何故この合意に達したのでしょうか?
憶測の域をでないのですが、表面的には現れないメリットをアメリカから引だしている可能性がありますし、反対に、それだけ経済的に追い込まれている焦りともとれます。

反面、ブッシュ共和党は、今回の米中間選挙において、イラク問題で劣勢を余儀なくされ、株価の吊り上げだけでなく、北東アジアの平和と覇権はアメリカが握っているという演出で乗り切ろうとの思惑も考えられるわけです。

まー、理由はともかく私たちにとっては、今後の株価の動きが心配なわけですが、一時的には安心筋の買いが先行するも、テクニカル的に大きく下げた後の反発でどの程度戻すかが問題となります。

単なるリバウンドで再度下値を模索する動きには警戒を要するところです。

--------------------------------------------

今までの投資法に疑問を感じていませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。