株式投資で稼ぐ儲ける!
株式投資で稼ぐ儲ける!

株式投資

日経平均!理想的な調整を経て上昇過程に入るか!

29日の米国株式市場は、原油先物が安定していること、8月の米連邦公開市場委員会議事要旨で、インフレに警戒感を示唆する内容ではなかったことが明らかになり、長短金利が低下したことで上昇しました。

これを受けて始まった30日の東京株式市場は、寄付きこそ買われる場面がありましたが、再三に渡って、当ブログで指摘しておりますように、日経平均の流れが現在陰転中のため、徐々に値を消す銘柄が散見され、後場には一時70円以上安くなる場面もありましたが、結局小幅安の18円安で引けました。

しかしながら、この日経平均の動きは、今後を占う上では、非常に理想的な流れとなっています。と申しますのは、ここ数日来の動きで、テクニカル面での過熱感が払拭されつつあることです。

具体的には、サイコロが4勝8敗の33.3%と冷えていること25日移動平均線に対する乖離率は3%強あったものが、1%前後に収束してきていること。

30日のように売り込まれそうな局面では、下値を拾う動きが顕著で、連続的な大幅下押し局面が見られないことです。

先日来、指摘しておりました、超短期の下降二波動も30日の下げが最終下降波動の始まりとなりますので、結局リバウンドは29日一日で終わってしまったことになります。

今後は、この下げの終了(この次の陽線示現)からは、上昇波動入りとなりますので、テクニカル(超短期)の分析で「買いシグナル」(陽転)となり次第、積極買いとなります。

次は、日経平均17,000円へのトライですが、新日鉄の動きには注意を払っておいてください。調整が長引くようであれば、全体相場ももう少し日柄が必要になることが考えられます。

-----------------------

短期投資で稼ぐ!
↓↓
簡単に売買ポイントを把握できる方法があるとしたら
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

日経平均は期待どおりの反発!もう一押しが理想!

日経平均もここまで押してくると反発して当たり前といえますが、今後顕著な動きか否かは別として、もう一押しすると完全調整済みとなります。

29日の午後2時過ぎには、一時180円以上高かった日経平均も50円高を一瞬割る水準まで売り込まれ、またぞろ28日の動きと同じくザラバ高の安値引けとなりそうな気配が一瞬頭をよぎりました。

しかし、2時40分過ぎころからは再度切り返し150円高近辺まで戻したことから29日のリバウンドは確定的となりましたが、反面引け間際から大引けにかけての値動きの弱さは、今後の動きを示唆する内容と感じたのは私だけでしょうか!

30日31日に日経平均が連騰してくれば、これで下値トライは終息と考えてよさそうですが、30日だけの連騰ならば25日移動平均への下値トライはまだ残っています。この辺のことを念頭に今後の戦略を考えられると良いでしょう。

ところで、29日に新日鉄が500円を超えました。引けは498円でしたが、1991年3月に500円を割ってからなんと15年ぶりに500円を回復したことになります。

この新日鉄については、当ブログでも再三言及していますが、今回の相場の指標銘柄と考えています。

500円をクリアーしたことで一応目先の達成感がでることは否めないにしても、中期第二波動の終盤にさしかかっている今、即買いは避けたほうが無難ですが、今後調整局面から立ち直ってくる時点では積極的に仕掛けてみたい銘柄です。

この新日鉄の相場が終焉を迎える時、今回の相場も終焉を迎えることを覚えておきましょう。

-----------------------

今までの投資法に疑問を感じていませんか?
この投資法は、負けることを許しません!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

大幅反発期待!リバウンドには注意!

一見底堅そうに見える市場も、テクニカルで陰転すると、きたいに頭が重く値を消す銘柄が多くなるものです。28日の日経平均は前日指摘しておきましたとおり目先陰転中のためそんな流れが顕著となりました。

今後は25日移動平均線に接する動きを注視しながら「分析」で買い転換してきましたらそこはチャンスと見て出動したいところですが、リバウンド一回待ちの対応が一番固いかとおもわれます。

24日の相場についてのコメントで、5日移動平均線を下回ったことで調整局面が顕著になった旨のお話をしておきましたが、この見方については、貴方のテクニカル分析手法の一つに加えておくことをお勧めいたします。

基本的に、株価というものはある一定の抵抗線に沿って上昇下降を繰り返しています。その抵抗線の超目先が5日移動平均線と心得ておくと、案外素直な動きを示します。

上昇局面では、5日移動平均線を株価が上回ると一定期間(短期)上昇が続き、逆に下回りますと、一定期間下降傾向が続きます。

今回は下回ってから28日で3日目です。あと少しで25日移動平均線に接するところまできておりますので、ここは一旦リバウンドとなります。これは、エリオットの下降2波動を踏むためです。

しかし、万が一の注意も怠ってはいけません。もし、25日線を下回ってきたら逆に中期調整局面も意識しなくてはなりませんし、リバウンドから新値取りの場合は一旦休憩後大相場の様相を呈してくる可能性も秘めています。

できれば後者の動きを期待したいところですね!

-------------------

売買ポイントを把握する方法を知りたいですか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
 
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
「デイトレ分析表作成マニュアル」

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

日経平均株価はテクニカルで陰転中!リバウンドに注意!

先週末の東京株式市場は、日経平均ベースで、前日(24日)の終値を一時195円ほど上回る位置まで買われる場面がありました。この時点では、23日の安値を上回り、マド空けを即日埋める強さをみせました。

しかし、表題にも指摘しておきましたが、日経平均は、現在のところ目先の陰転中だったことも手伝って、その後は徐々に値を消す流れとなり、結局小幅の23円安でひけました。

今後の動きは一度リバウンドしてから、更にもう一度下押しすれば2度の下降波動を経過しますので、その時点でほぼ25日移動平均線に接する位置から反発して目先の新高値取りというシナリオが理想です。

今週の「超短期投資シミュレーション」は山陽特殊鋼を卒業し、新しい銘柄をとりあげました。どうぞ、ご参考に!

29日(火)
  日本; 7月の完全失業率
      7月の有効求人倍率
      7月の家計調査(全世帯実質消費支出)
  米国; 8月の消費者信頼感指数
30日(水)
  日本; 7月の商業販売統計速報(小売業販売額)
  米国; 4―6月期の実質GDP暫定推定値
31日(木)
  日本; 7月の鉱工業生産速報(生産)
      7月の新設住宅着工個数
  米国; 7月の個人所得、個人消費
      7月の製造業受注
1日(金)
  日本; 8月の新車販売台数
  米国; 8月の雇用統計(失業率、非農業部門雇用者数)
      7月の建設支出
      8月のISM製造業景況指数

-------------------

今週のシミュレーションは?
  ↓↓
http://tinyurl.com/md62x

使った分析表は?
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

株式投資

5日移動平均線を下回った日経平均終値!

23日の米国株式市場は、10時発表の7月中古住宅販売件数が633万戸の先月比マイナス4.1%と予想を下回りました。それに加えて在庫戸数が予想以上に上昇したことで、住宅バブルのハードランディング懸念が再燃し、それをうけて株式市場は全面的に軟調となりました。

又、10時30分発表の週間エネルギー在庫統計でガソリン在庫が、予想に反して増加していたことで、ニューヨークガソリン先物が大幅安となり資源株の足を引っ張って株価の頭をおさえました。

一方、24日の東京市場は、昨日お話した2波動の下降調整が濃厚となりました。理想的には、たとえ2波動調整でも大きく下げるよりは、上下200円幅程度での横ばいの流れが良いと指摘しておきましたが、24日の終値は極めて微妙な位置で引けています。

ここで懸念材料ではないですが、横ばい調整よりは多少下押し懸念が心配されるここと、25日移動平均線までの調整の目がでてきたということです。

例えば、24日の終値は15960円ですが、この終値は、21日の終値15969円を下回っています。これが第一点です。第二点は24日時点の5日移動平均が16075円で、終値ベースでもこの5日移動を下回ってきまた。

このような状態が示現した場合は、下降調整が顕著に現れる場合が多いのです。もし、この状態で即日切り返せるようであればこの相場自体は相当強いという証左になり、今後、強気の投資方針を堅持することが正解となります。

ただ、24日発表された外人の投資売買動向は4週続けて買い越しとなっており今後を占う上では、たとえ多少の調整があったとしても、そこは絶好の買い場となるということす。

ここはタイミングをきっちりと計って準備だけは整えておきましょう。

------------------

日経225にも使える?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

株式投資で稼ぐ儲ける!ド素人でもできます。mainに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。